FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFがもたらしているもの その3)


こんにちは、
インデックス運用アドバイザーの カン・チュンド です。

小学校4年生のときに【未来の町】と題した絵を描きました。
「みんなが大人になったとき、私たちが住んでいる町は
どんなふうになっているのでしょう・・」

先生がそう問いかけながら、
「さあみんな、想像してみましょうね」
と言っていたのを憶えています。

「ちょっと見せてくれや」と
友だちの絵を覗き込んでみると、
「空飛ぶタクシー」とか、
「テレビ電話」を描いている子がいました。

肉屋の息子だった加山くんは、
トランシーバーのようなものを描いて、
「これで人がしゃべれるんや」と言っていました。

(ん? もしかして、今の携帯電話?)

1978年に思い描いた21世紀は、
今私たちが生きる 2008年と大きく違っている部分があります。
たとえば、インターネットがそうでしょう。

(1978年当時、誰も「インターネット」なんて
思い浮かべませんでしたね・・)

目に見えない「技術」というものは、
目に見えない分だけ、
私たちが思う以上に、私たちの生活に深く根ざすものです。

ETF という「技術」もそうです。

アメリカ、ヨーロッパをはじめ、世界中でたくさんの人が
この道具を使い始めて もう何年にもなります。
(わたしはもう5年以上、この道具を使っています)

しかしながら、
ETF という道具がもたらしている「革新性」について、
私たちはまだ深く理解するに
至っていないのではないでしょうか?

たとえば、平凡で実直な一個人が、
ETFという道具を用いて 世界の国々に同時に、
しかも低コストで投資が行えるというのは、
いったいどういうことなのか?

ちなみに、
投資を行おうとする国々は、
みな同じ「経済ステージ」にいるわけではありません。

例えば、今の中国はよく
「昭和30年代の日本のようだね」といわれます。

あるいは、今のメキシコはどうでしょう。
マレーシアはどうでしょうか。
すでに昭和40年代の日本ではないでしょうか。

あるいは、韓国、台湾はどうですか?
昭和50年代の日本をすでに追い越しているでしょう・・。

翻ってインドは?
たしかに先端の産業も有していますが、
いまだ 昭和20年代の日本を思わせる部分もあります。

ETFという道具を用いることであなたは、
経済発展のステージが異なる多様な国々を、
【同時に】保有することができるのです。

日本のイメージでいうならば、

昭和20年代と昭和40年代と、昭和50年代の日本を
インド株式ETF + メキシコ株式ETF + 韓国株式ETF
という組み合わせで、「同時体験」できるのです。

(まさに【タイムトラベル】している感覚ですね・・)

そして「ああ、この国、地域の発展は、
いつかどこかで見たような気がするな・・」
という既視感(デジャブ)を、
世界のそこかしこで、多くの人が感じているのです。

たとえば、アメリカのスミスさんは
「アメリカ」という国を通して、
香港に住むワンさんは「中国大陸」という地点から、

またチリに住むロペスさんは、南アメリカという土地から、
それぞれ【タイムトラベル】に繰り出し、
自分が世界とつながっていると実感しています。

ETF という技術は、その本質のところで
「空飛ぶタクシー」や「テレビ電話」と同じであり、
それは【未来の道具】なのです。

(そして今、私たちはその道具を
難なく使用することができるのです・・)

ここからは、わたしの勝手な想像ですが・・)

この柔軟な「入れ物」は、
およそ値段がつくあらゆる資産を取り込んで、
ひとつの【運用世界】を形作っていくのではないかと思います。

ETFはもしかしたら、
世界に点在するあらゆる資産、金融商品を寄せ集め、
それらを【整理し直そう】としているのかもしれません・・。

■ 関連記事
 【ETFがもたらしているもの


以下「マネーの缶詰めスクール」からのお知らせです。

********************

5月24日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 4 です。

5月25日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。

6月14日の【スタンダードコース 名古屋】は
残席 2 です。

6月15日の【アドバンスコース 名古屋】は
満席 です。

6月22日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 10 です。

6月28日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 9 です。


お申込みはお早めに・・)




関連記事

| ETFのお勉強 | 08:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/486-6f98c484

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT