FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

国内ETFは前進していますか?(野村アセットさん、勝負時です)


こんにちは、
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

業務連絡・・)

昨日、東京にてマネーの缶詰めスクールに
ご参加いただいた皆さん、本当にお疲れさまでした。
(資産運用の本質はシンプルであることを、
 どうかお忘れなく・・)

さて、ETFです。

ETFという最新の道具が、この日本において
メジャーな金融商品として認知されるかどうか。

そのカギを握っているのは、
「野村アセットマネジメント」という、
日本のファンド運用会社だと思います。

あなたはご存知でしょうか?
7/18、東京証券取引所に
「ブラジル株式ETF」が上場したことを。

NEXT FUNDS ブラジル株式指数・
ボベスパ連動型上場投信
(銘柄コード 1325)
信託報酬は0.9975% です。

このETFは名前の通り、
ブラジル株式に投資を行っていますが、
日本のETF運用会社
野村アセットマネジメントが組成、運用を行っています。

もちろん上場している「いちば」も、
日本の株式市場です。

ということは・・
このETFは紛れもなく【国内ETF】なのです。

一方、
7/29 に大阪証券取引所に上場予定の、

NEXT FUNDS 南アフリカ株式指数・
FTSE/JSE Africa Top40連動型上場投信、
(銘柄コード 1323)

NEXT FUNDS ロシア株式指数・
RTS連動型上場投信は、
(銘柄コード 1324)

それぞれ、南アフリカ株式ETF、ロシア株式ETFですが、
いずれも運用会社は
野村アセットマネジメントです。

つまり、ある意味当然なのですが、

・日本のファンド運用会社が、
・世界の株式ETFを組成、運用することには
・何の問題もないわけです。

(たとえば、フランスのETF運用会社が、
韓国株式ETFや、商品ETFの運用を
行っていますよね・・)

さて、
野村アセットマネジメントは、
野村證券の子会社です。

野村ホールディングスでは、
ETFという、発展著しい商品に対して、
どういう姿勢で取り組んでいくべきなのか、

まだその「方針」が
まとまっていないのではないかと推察します。

・ETFが資産運用のマーケットに、
本格的に浸透するのは脅威だ。

具体的には、野村アセットで運用する数多くの
投資信託の販売に影響が出るのではないか。

個別株式の売買仲介にも影響が及ばないか。

いやいや、

・世界的に成長を続けているETFマーケットの中で、
(今後、日本での浸透を考えた場合)
わが社が先頭を切っていないということは、
由々しき事態である。

ふむ。

わたしは後者のご意見に賛成です。

天下の野村ホールディングスなのですから、
資産運用というフィールドで今起きている「進化」を、

他の会社に先駆けて取り込むことが
ナンバーワンとしての面目を保つことにつながるのでは
ないでしょうか?

(プラス、ビジネス的にも先行者利益が
力を発揮し、大きな成果をもたらすことになるはず・・)

そもそもNEXTというETFブランドを立ち上げたこと
が、その意気込みの表れではないでしょうか。

わたしの提案)

日本以外の先進国の株式を取り込んだ
MSCIコクサイ指数との連動を目指すETFを、
今すぐこの日本で上場させるべきです。

このETFこそ、
NEXTの目玉商品となるでしょう。

このETFが登場することで、
・野村證券既存顧客に対して、
新たな需要を掘り起こすことができます。

・国内ETFのナンバーワンプロバイダーは野村です。
というネームバリューを形成することもできます。

・若い顧客層には、
ジョインベスト証券を通じて、
ETFの利便性をアピールしていけばよいと思います。

ビジネス的な話になりますが、
既存の枠組みの中での、
既存の金融商品のニーズと、

新たな枠組みの中での
新たな金融商品(ETF)のニーズは、
立派に共存できると思います。

大切なことは、
資産運用というフィールドに対する需要が、
パイとして広がっていくことではないでしょうか。
(ETFは、その起爆剤となるのです)

今年中に国内のファンド運用会社が決断をしなければ、
大きな収益損失が発生することになるとわたしは思います。


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

**********************

8月2日の【アドバンスコース 東京】は
残席 4 です。

9月7日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 9 です。

9月20日の【スタンダードコース 東京】は
残席 6 です。

9月21日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 6 です。

9月23日の【アドバンスコース 東京】は
残席 9 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| インデックス投資全般 | 18:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とよぴ~さん

本当にそうですね。
わたしは日本の金融機関の
ビジネスセンスに賭けてみたいと思います。

| カン・チュンド | 2008/07/21 20:49 | URL |

自分も海外ETFって今年が勝負どころだと感じています。
ヒシヒシとETFブームっぽい感じも受けますので野村アセットがMSCIコクサイあたりの本命をさっさとリリースして欲しいものです
ひとつひとつの海外国別ETFを作っていくうちに日本人が海外の取引所へ逃げちゃってしまったら複利の速度で5年後に大きな収益損失が発生してそうです(゚ー゚;A

| とよぴ~ | 2008/07/20 23:01 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/509-e1f35e31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT