FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

本命・・それは、国内ETFと海外ETFの競争です


こんにちは、
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、東京証券取引所が
SPDRゴールド・シェア 
(金ゴールドETF 1326)等の最低購入価格を引き下げます。

とお伝えしましたが、

このきっかけとなったのは、
(海外ETFとして)SPDRゴールド・シェアを扱うと発表した、
楽天証券の存在ではないでしょうか・・。
詳細は【こちら

国内ETFと海外ETFは、
お互いを意識し始めています。

たとえば、海外ETFでも
ブラジル株式ETF、南アフリカ株式ETF、ロシア株式ETF は
存在しますが、

国内ETF としても
ブラジル株式ETF、
南アフリカ株式ETF、
ロシア株式ETFが、

日本の証券取引所に上場しています。

長期的な視点で見ると、
国内ETFと海外ETFが
互いに切磋琢磨してこそ、

日本のETFマーケットは裾野を持って
広まっていくのだと思います。

(国内ETF、海外ETFに関わる皆さん)
大いに意識して、大いに競争してください。

その結果、私たち消費者が
大きな利便性を手にすることができるのです。


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

**********************

9月7日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 8 です。

9月20日の【スタンダードコース 東京】は
残席 6 です。

9月21日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 4 です。

9月23日の【アドバンスコース 東京】は
残席 8 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| ETFのお勉強 | 07:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/518-175eb674

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT