FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ワタシの大失敗!


こんにちは、カン・チュンド です。

これはわたしの持論なのですが、
人は仕事という「衣(ころも)」を身につけて、
社会 に参加する生き物ではないか、と。

(突き詰めていえば)
お金を稼ぐために という以前に、

社会に関わるための「手段」として、
仕事というのは存在するのではないか、


と思ったりします。

わたしは今から6年前、たまたま
事業主 という衣(ころも)を選んで
社会 に関わり始めました。

このコラムを読んで頂いている方は
意外に思われるかもしれませんが、
わたしって案外「保守的」なのです・・(笑)


image.jpg


2000年に開業した時、
一応 ホームページ は作ったのですが、

(今から思い返すと)
月刊 小学校六年生の
「付録」みたいな 代物 でした(笑)

わたしは不動産業界出身ですので、

どうしても「折り込みチラシ」とか、
「新聞広告」といった メディア に
思い入れがあったのです。

ただ、開業当初から【セミナー】を通じて、
お客様を集客しようとは思っていました。

そこで、
(最初は張り切っていますから)

「よし、どうせやるんなら、
新聞にセミナー広告を載せてもらおう!」


と思ったのです。


地元の神戸新聞、
読売、朝日、毎日、産経、
すべての新聞社の広告局に
声を掛け、見積もりを取ってもらいました。

結果は・・、
すべて ダメ


gctv-mistakes.jpg


なぜかというと、
広告審査】で撥ねられたからです。

確かセミナー広告のタイトルは、

「あなたの預貯金眠っていませんか?
~お金を育てる 最初のステップアップ~」


だったと思います。


当時は(今よりも)
お金儲け、利殖に関することはタブー
という空気が色濃かったのでしょうね。

でも、あれですよ、
セミナー料金は無料だったのですよ。

それに当オフィスが
「個人事務所」ということも影響したようです。

(すべての新聞社から
「会社概要」を出してください、と言われましたから・・)


さて、わたしは大いに落ち込みます。
「最初の入り口で、なんでつまずくのだろう?」

(しかし、開業当初で 張り切っていますから、)
また 次の一手 を考えます。

「そうだ、フリーペーパー
ミニコミ紙に声を掛けてみよう!」


全国展開している
某ミニコミ紙で「掲載可」となり、

それだけで「やったあ!」
舞い上がってしまったのです。


ir_mokuhyou_tassei_man.png


確か6ヶ月間、毎月2回、
併せて 12回の「セミナー広告」を打ちました。

わたしはその広告費として、
58万円 を支払ったのです。

結構すごいですね・・・。

「うん、これも投資だ。
行く時は 思い切っていかないと・・」


と当時は思っていました。


あのー、
もちろんセミナー料金は
無料】だったのですよ。

↑ 当時はひとりでも多くの方に
セミナーに来て欲しくて、
お金を取ることすら、出来なかったのです・・。

結果、集客には成功しました。

延べ 116名 の方に来ていただきました。
(こういう数字は覚えています・・笑)


が、しかし、
わたしは2年前に、

これら来場者の【お客様情報】をすべて
完全破棄 しました。

なぜかというと、

【無料】で来ていただいたお客様は、
真のお客様に育たないと悟ったからです。


これが 58万円 のコストを支払って、
わたしが学んだことです・・。


〇 サービス料金を請求しないわたしは、
お客様に甘え、

サービス料金を支払っていないお客様は
サービス提供者に甘えるのです。

それは、
ウィン・ウィン(Win Win)ではなく、
まさに、
ルーズ・ルーズ(Lose Lose)の関係です。


そしてわたしは、
試行錯誤 を繰り返したすえ、

ようやく
「ホームページ」「メルマガ」という、
メディア(自分メディア) に
注力し始めたのです・・。

似顔絵



関連記事

| わたしのFP修行 | 11:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/52-f482fdbe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT