FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

EEM(エマージングマーケット・インデックス・ファンド)の正体とは? その3)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、株式の指数を構成する会社 MSCI Barra が、
韓国、イスラエルについて、
エマージング・マーケット指数から、
先進国指数への移動を検討しているとお話しましたが、

株式の指数を作っているのは
なにも MSCI Barra だけではありません。

格付け会社として有名な
スタンダードアンドプアーズ も、
株式の指数を構成する業務 を行っています。

冷静に考えてみますと、
ひと口に「新興国の株価指数」といっても、

どの国からどの国までを、その指数の中に入れるのか、
あるいは入れないのかという「判断」は、
指数を構成する会社によって
違ってくる可能性があるのです。

現に、
S&P/Citigroup BMI Emerging Markets 指数
との連動を目指す、
SPDR S&P Emerging Markets ETF (銘柄コード GMM)
というETFでは、

韓国は 構成国に入っていません。
(もう新興国の指数からは卒業したよ、という扱いなのです)

その、SPDR S&P Emerging Markets ETF は、
直近3ヶ月の平均売買高(1日)が21,456口、
純資産額は 約4700万ドル となっています。
(8/22 ヤフーファイナンスより)

そういえば、
バンガードもエマージング株式ETFを運用していますね。
Vanguard Emerging Markets ETF (銘柄コード VWO)

こちらは
直近3ヶ月の平均売買高(1日)が、
1,853,130口、純資産額は 約70億ドル となっています。
(8/22 ヤフーファイナンスより)

そして、
i Shares Emerging Markets Inedex Fund です。
(銘柄コード EEM)

当ETFは
直近3ヶ月の平均売買高(1日)が、
51,539,300口 となっています。
純資産額は 約223億ドル。
(8/22 ヤフーファイナンスより)

この3つのETFは、
「年間経費率」も異なります。

GMM(運用会社 ステートストリート) 0.60%
VWO(運用会社 バンガード)     0.25%
EEM(運用会社 バークレイズ)    0.74%

どれも新興国株式ETFですが、
互いに切磋琢磨しているのがわかりますね・・。

もしあなたがアメリカに住むアメリカ人なら、
このように3つの新興国株式ETFを比較検討し、
選ぶことができるのです。

(うらやましいですね。
しかし、日本にもこのような選択肢の多様化は
必ず訪れるとわたしは思います・・)


以下、マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。
**********************

9月7日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 3 です。

9月20日の【スタンダードコース 東京】は
残席 3 です。

9月21日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 4 です。

9月23日の【アドバンスコース 東京】は
残席 5 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| ETFのお勉強 | 09:54 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/527-dba873ff

TRACKBACK

一番低コストのインデックスファンドシリーズの販売会社が増加中!

手数料なし(ノーロード)で買えて、信託報酬が最も安いSTAMインデックスファンドシリーズの販売会社が増加しています。毎月1万円からの積立での購入も可能です。純資産の少なさがネックでしたが、いずれ解消されることでしょう。 (1)STAMインデックスファ...

| インデックス投資、長期投資、積立投資など | 2008/09/04 23:33 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT