FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

厳密に言うと、ETFは4つの型に分かれます


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日の記事「リンク債ETFを考える」の中で、
ETFには2種類あります、

1.【現物銘柄型】と、
2.【リンク債型】です。というお話をしましたが、
細かーくいうと、実は4種類になります。

(あまり難しく考えないでくださいね。
中身はいたってシンプルですから・・)

【現物銘柄型】
1.オープンエンド型ETF
2.ユニット・インベストメント・トラスト型ETF
3.グランタートラスト型ETF

【リンク債型】
4.リンク債ETF

中でも、
1.オープンエンド型 と、
2.ユニット・インベストメント・トラスト型 が、
ETFの「2大潮流」となっています。

さっそく見てまいりましょう。

1.のオープンエンド型ETFは、正確には
オープンエンド・インデックスファンド型と呼ばれます。
(要するに、中身は
「通常のインデックスファンド」と変わりません)

オープンエンド型ETFでは、
組入れている個々の株式から出される「配当金」を、
ファンド内で再投資することが可能です。

「えっ、そんなの当たり前でしょ」
と思われるかもしれませんが、

2.のユニット・インベストメント・トラスト型では、
個々の株式から出される「配当金」は再投資できず、
年に1度とか、4度出すETFの【分配金】原資として、
ファンド内でプールされるのです。

細かいお話になりますが、
「配当金」を再投資できない分だけ、
ユニット・インベストメント・トラスト型は、
オープンエンド型ETFに比べて不利であるといえます。

もうひとつの違いは「銘柄の構成方法」です。

「インデックス運用」では
「市場そのもの」に投資を行いますが、
「市場そのもの」といっても、投資の仕方には
ふたつのパターンがあります。

・連動を目指す「指数」に採用されている
全銘柄を組み入れるパターン
(これは【完全法】と呼ばれます)

・「指数」に採用されている銘柄の中から、
業種や時価総額ベースで銘柄をピックアップし、
「指数」と同様の動きを目指すパターン
(これは【抽出法】と呼ばれます)

ユニット・インベストメント・トラスト型では、
【完全法】による銘柄構成しか認められていませんが、
オープンエンド型のETFでは、【抽出法】
(最適化法とも呼ばれる)も認められています。

実は、1.のオープンエンド型が
いちばんポピュラーなETFなのです。

i Shares のバークレイズ、バンガード、ウィズダムトゥリー、
パワーシェアーズなど、多くの運用会社が
このオープンエンド型を採用しています。

一方、
2.のユニット・インベストメント・トラスト型は、
ステートストリートが運用するスパイダーズ
(SPDR TRUST SERIES 1)、
あるいはパワーシェアーズが運用する
PowerShares QQQ Trust などで採用されています。

さて、
オープンエンド型
ユニット・インベストメント・トラスト型のETFでは、
マーケットメーカーと呼ばれる「指定参加者」が、
いつでも柔軟に【設定】【交換】という作業を通じて、
ETFの口数を増やしたり減らしたりすることが出来ます。

それによって、
ETFの取引価格と
正味価値の間で「裁定」が働きやすくなり、
両者の価値が大きくかい離することを防いでいます。
また、ETFの流動性も確保しやすくなります。

(この点については、後日詳しくお話したいと思います)

あっ、それから、
1.オープンエンド型
2.ユニット・インベストメント・トラスト型では、
商品(コモディチィー)、通貨などへの投資は出来ません。

続いて、
3.グランタートラスト型ETF です。

このタイプのETFはファンド内で
固定化した資産を保有し、
資産間でリ・バランスなどは行いません。

具体的な商品でいいますと、
SPDR ゴールド・シェア
iShares シルバー Trust
Rydex が運用するCurrencyShares(通貨ETF)などが、
グランタートラスト型にあてはまります。

そして、
4番目は「リンク債ETF」でしたね。
これは、現物資産の裏づけがないタイプのETFです。

以前の記事で書きましたが、商品など、
現物で保有するのが難しい資産を除いては、
この「リンク債」タイプのETFは
弊所ではお勧めしていません・・。

さて、最近立て続けに
「ETFの知識」関連の記事を書いてきましたが、
すべて
1月12日 in 東京 ’09新春海外ETF全貌セミナー の
「補強」とするためです。
(コンテンツのアップはおそらく水曜日あたりになります)


マネーの缶詰めスクールからのお知らせです。

**********************

11月30日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

12月14日の【スタンダードコース 東京】は
残席 8 です。

1月12日 in 東京 2009’新春海外ETF全貌セミナー

1月18日の【アドバンスコース 東京】は
残席 10 です。

■ 久々に【日本人が知らなかったETF投資】公式ブログを
更新しています。

先週の木曜日、
ブックファースト 新宿店さまで嬉しい誤算が・・。

お申込みはお早めに・・)





関連記事

| ETFのお勉強 | 18:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/576-4482907e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT