FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ファイナンスは、あなたに何ができるのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

さあ、今日はちょっと
論文調で書いてみたいと思うのですが、
あなたに提言したいことがあります。

1.家族みんなで楽しむために
東京ディズニーランドに行って48,000円使うことと、

アフラックの医療保険を購入して
毎月2,990円払うことは
「同列に並べる」べきではありません。

2.夕食のあと、ご夫婦でお茶を飲みながら
「セカンドライフ」について語り合うことと、

300万円相当の投資信託を複数買って
ポートフォリオを作ることを
「同列に並べる」べきではありません。

・家族みんなで楽しむため
東京ディズニーランドに行って48,000円使うことは、
家族が「幸せの時間」を共有することそのものであり、
何物にも代えがたい「価値」があります。

アフラックの医療保険を購入して
毎月2,990円払うことは
上記「幸せの時間」が損なわれるリスクを軽減するための
【手段】にすぎません。

また、

・夕食のあと、ご夫婦でお茶を飲みながら
「セカンドライフ」について語り合うことは、
おふたりの今後の「人生プラン」を交換し合い、
補正し、確かなものにしていく大切な行為です。

(そしてもちろん、おふたりのセカンドライフを、
活き活きと楽しく過ごされることそのものに
「価値」があるのです・・) 

300万円相当の投資信託を複数買って
ポートフォリオを作ることは、
活き活きと楽しく過ごす「時間」を得るための
ひとつの【手段】にすぎません。

■ 当たり前ですが、
人生時間をどう過ごすかが「主役」であり、
ファイナンスはただの「脇役」です。

(いきなり話は飛びますが・・)

当オフィスのコンサルティングを受けていただく方に、
【あなたとお金の親密度を測るための55の質問】という
シートをお渡ししています。

その中に「質問30」というものがありまして、

「株式に投資するリスクと、
税金・社会保険料が急増するリスク、
どちらのほうが大きいと思いますか?」

とお聞きしています。

あなたはどうですか?
どちらのほうが、リスクが大きいと思いますか?

実は弊所のコンサルティングでは、
ほとんどの方が
「税金・社会保険料が急増するリスクのほうが大きい」
と答えておられます。

日本という国の今後を考えるとき、
あるいは、外的要因としての世界が
激動していくことを考えるとき、

私たちはどんよりと曇った
道なき道に立たされ、
「あなたはいったい何者ですか?」
「どこへ行くのですか?」
と問われているような気分になります。

あなたは一体何者で、
どこから来て、どこへ行くのか?

これらを、明確な方程式なしに
あなた自身がひとつひとつ
決めていかなければならないのです。

上記の作業が「人生をデザインする」
→ すなわち ライフプランニングする ということです。

人は自分の「人生フプラン」を決定していく中で、
自身の財布を覗き込み、
本当にこの計画が実現可能かどうか思案します。

「やはり今の自分には無理だ。
もっと貯蓄しよう」

ふむ。それも一案ですね。

「んー、こうなったらマイホームは諦めて
子どもの教育費を優先順位一位にしよう」

ふむ。それも一案です。

お金(ファイナンス)とは、
あなたの人生プランを支える【インフラ】であり、
いわば「縁の下の力持ち」です。

したがって、あなたは【お金】そのものに
手を加えることなんて出来ない、
と思われるかもしれません。

 それは違いますよ。

誤解を恐れずにいえば、
【お金】はあなたに手を加えられることを
待っているのです。

お金自身には色も感情もありません。
【お金】の性格を決めるのは、
あなたの「裁量」なのです。

「縁の下の力持ち」である【お金】を、
どのような考えに基づき、
どのように配置するかによって、
あなたの人生の【方向性】が
多様な姿を見せ始める・・

(十分起こりうることです)

これからのライフプラン
=「人生の出費」について思いを巡らせながら、
自分の財布を覗き込んでいるあなた。

(少しこちらにご注目ください)

あなたのお財布は、
どんな考え(ポリシー)に基づいて、
あなたのお金を入れているのでしょうか。

また、あなたのお金はお財布の中で
どのように配置されているのでしょうか。

■ あなたにふさわしい
お財布の【有り様】を決定することが、
あなたの「パーソナルファイナンス」を確立する、
ということなのです。

そして、この作業をお手伝いするのが、
世にいう
ファイナンシャルプランナーと呼ばれる人たちです。
(わたしもそうですが・・)

■ ファイナンシャルプランナーが行う
「コンサルティング」というサービスの骨格は、

あなたの人生のインフラ部分である、
ファイナンスの問題点を指摘し、
無駄や合理的でない部分を改善しながら、
あなたのファイナンスの【方向性】を
決定していくことにあります。

なぜ多くの方が
東京ディズニーランドに行くかというと、

東京ディズニーランドというハードそのもの、
そして人のホスピタリティーの部分に「付加価値」を認め、
自身がディズニーランドで楽しむことを「経験したい」と
願っているからでしょう。

日本で未だ、
ファイナンス分野の「コンサルティング」というサービスが
ひとつの仕事として認知されていないのは、

多くの人がその「付加価値」を認め、
自分も【経験してみたい】と思われていないからだと思います。
(業界の人間として、力不足を痛感します・・)

・まだファイナンスの「コンサルティング」を
受けたことがない方、

そして、
・ファイナンシャルプランナーとして
お客様にコンサルティングというサービスを提供したいと
願っている方を念頭に置きながら
次回以降、書き綴っていきたいと思います。

あっ、そうそう、
資産運用という行為は、
パーソナルファイナンスの「一部」にすぎませんよ。

「カンさんって、
インデックス投資のアドバイザーじゃないの?」
と思われる方がいるかもしれませんが、

■ 当オフィスが投資アドバイスを行う上で、
あなたの人生プラン = 人生の出費について
詳しくお話をお伺いすることは
サービスの「必須条件」です。

人生の出費と、
お金の配置の仕方は、
互いに影響し合っていますから・・。

あれ?

論文調で書いてみたいといいましたが、
全然論文調になっていませんね・・(笑)


*********************
 長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

1月12日 【 2009’新春海外ETF全貌セミナー in 東京

1月18日の【アドバンスコース 東京】は
残席 8 です。

2月1日の【スタンダードコース 東京】は
残席 10 です。

2月7日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 9 です。

2月11日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 7 です。

2月14日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 9 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| わたしのFP修行 | 21:42 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

いしだ さん

コメントありがとうございます。
> あくまでもファイナンスは手段、人生の脇役にすぎないから。
そうなのです。
くれぐれも本末転倒しないようにしたいですね。

(最近、気持ちがベーシックな方に帰っています。
ETFのマニアックな話題も書きますが・・笑)


| カン・チュンド | 2008/12/13 19:07 | URL |

答えのないものに答えを与えるのではなく、
「納得」を与えるのがファイナンシャル・プランナーの仕事です。

儲かるとか、こっちがお得って話題が最初にくるようじゃ、
ファイナンシャル・プランナーとしてはどうなんだろうって思います。
あくまでもファイナンスは手段、人生の脇役にすぎないから。

ファイナンシャルプランナーって、本当はファイナンス以外の部分の方が
とても大事と思う今日この頃。

| いしだ | 2008/12/11 23:55 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/588-0c95266d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT