FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

バークレイズが運用する債券ETFの名称が変わりました


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

もうご存知の方も多いかと思いますが、
i Shares でおなじみのバークレイズ・
グローバル・インベスターズが運用する
債券ETFの名称が変更になっています。

以前リーマン・ブラザーズが算出していた債券指数が、
BGIのグループ会社である
バークレイズ・キャピタルに引き継がれたことによる措置です。

指数そのものの構成、また銘柄コードに変更はありません。
詳細はi Shares日本のリリース(PDFファイル)をご覧ください。

記事を書きながら ふと思ったのですが、
ETFの運用会社と
指数の提供会社が同じグループになるというのは、
どういうことなのでしょうか?

指数提供会社さんは、
ETFに対してライセンス料を請求しているはずです。
(もちろん内訳はわかりませんが・・)

たとえば、○○ETFの年間経費率が年0.4%で、
そのうち 0.02%は ライセンスフィーとして
指数提供会社に支払っているとすると、

運用会社 ⇒ 指数提供会社というような、
お金(費用)の流れが存在するはず・・。

そういえば、WisdomTree という運用会社は、
運用会社 = 指数提供会社 ですよね。


■ 12月27日、12月/28日は
大阪で【出張コンサルティング】です。

*********************

1月12日 【 2009’新春海外ETF全貌セミナー in 東京

1月18日の【アドバンスコース 東京】は
残席 8 です。

2月1日の【スタンダードコース 東京】は
残席 9 です。

2月7日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 9 です。

2月11日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 6 です。

2月14日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 6 です。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| インデックス投資全般 | 15:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/596-2fbd4d66

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT