FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ご臨終間近のETFが139本も?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ETFに関する多彩な情報が載っている
Seeking Alpha」(英語)というサイトで、

139 Names on ETF Deathwatch
ご臨終?間近のETFが139本」という記事を見つけました。

記事の作者である
Ron Rowland氏によりますと、

・設定されて6ヶ月以上経っており、
・2008年12月に、一日の平均売買金額が
10万ドル以下であったETFが
139本もあったことが明らかにされています。
(うち97本がETF。42本はETN)

※ ETNとは現物資産を裏づけにしていない、
リンク債を組み込んだETFのこと。

また記事中では、
ETNがリンク債発行元の「信用リスク」にさらされ、
多くの投資家が投資をためらっていることが
指摘されています。

また、NETS PSI 20 Index Fund (銘柄コード LIS)
というETFが具体例に挙げられています。

このETFはポルトガルの株価指数
PSI 20指数との連動を目指しますが、
12月1ヶ月間のあいだに、
たった900口しか売買がなかったと指摘されています。

(その他、多くのセクター別ETFについても
売買が伸び悩んでいる旨、記事は伝えています)

欧米においてETFはここ数年、
あまりにも数が多くなり
(正確にいいますと、乱造乱発され過ぎており)

世界的な景気後退と相まって、
売買高、純資産額に乏しいETFは
かなり淘汰される可能性があります。

(具体的には、上場廃止に追い込まれるETFが
続出する可能性あり)

また、ETF運用会社同士の
合併・買収が起こる可能性もあるでしょう。

私たちの教訓)

◆ ETFを選ぶ際には、
純資産額が大きく、誰もが名前を知っている
代表的なETFを選びましょう。
(10年後も元気に存在してくれることが重要だからです)

あまりにマニアック、
あるいは細かなセグメントで仕切らたETFは
避けたほうが無難です。


*********************
 長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

1月18日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

2月1日の【スタンダードコース 東京】は
残席 8 です。

2月7日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 8 です。

2月11日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 6 です。

2月14日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 5 です。

お申込みはお早めに・・)





関連記事

| ETFのお勉強 | 16:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/606-394e8e32

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT