FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

債券ETFが相次いで設定されています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

昨今のマーケット状況を反映して
予想通り、債券ETFが相次いで設定されています。

(アメリカ以外の)先進国債券ETFで
先鞭をつけている ステート・ストリートが27日、

SPDR Barclays Capital Short Term
International Treasury Bond ETF
(銘柄コード BWZ)
の運用を開始しました。

当ETFは、「Barclays Capital 1-3 Year
Global Treasury ex-US Capped 指数」との
連動を目指します。

イメージとしては、
(アメリカ以外)先進国・短期国債ETFですね。
年間経費率は0.35%。 他の債券ETFと同様、
毎月分配金を出すようです。
(組入れ銘柄の満期までの期間(平均)は1.75年です)

実は、i Shares でおなじみのバークレイズも、
2本の債券ETFをつい先日設定しました。

S&P/Citigroup International Treasury Bond Fund
(銘柄コード IGOV) 年間経費率は0.35%

当ETFの組入れ銘柄の満期までの期間
(平均)は8.30年ですから、
(アメリカ以外)先進国・中期国債ETF のイメージですね。

もう1本は、ステート・ストリートのETFと同じ趣旨の、
(アメリカ以外)先進国・短期国債ETFです。

S&P/Citigroup 1-3 Year International Treasury Bond Fund(銘柄コード ISHG)
  ↑ 採用している「指数」が違います。

年間経費率は0.35%
組入れ銘柄の満期までの期間(平均)は1.93年です。

いずれのETFも、
組入れ第1位は日本の国債となっています。
(上記3つのETFは、今のところ
日本の証券会社を通じて購入することはできません)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

2月7日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 6 です。

2月11日の【スタンダードコース 大阪】は
残席 3 です。

2月14日の【アドバンスコース 大阪】は
残席 4 です。

2月15日の【アドバンスコース 東京】は
残席 8 です。

3月14日の【スタンダードコース 東京】は
残席 9 です。

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)



関連記事

| インデックス投資全般 | 13:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/625-7a7a2095

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT