FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

グローバル金融危機のもっとも暗い時間・・ 


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

27日金曜日のアメリカ市場は続落しました。
アメリカ株式の代表的な指標 S&P 500 は、
1996年12月以来の安値となっています。

08年9月の金融危機発生以来、
恐れていた「二番底」が現実のものとなってしまいました。

人の知的冒険心がなせる業である「世界貿易量」も、
今年は1982年以来のマイナスとなる模様です。
グローバル経済の実質成長率も、
ゼロを下回る可能性があります。

人の気持ちも、モノ・サービスも、お金も、
すべてシュリンク(収縮)してしまっているのです。

「もうマーケットと関わりを持つだけで嫌気がさすよ」
と感じている方も多いのではないでしょうか。

これは理屈ではなく、
自分が関わっている分野で、
日々状況が悪くなるのを見聞きするのは
正直いって耐え難い「苦痛」なのです。

このようなときは、
金融機関から送られてくる郵便物を
いちいち開けないほうが賢明です。
ネット証券にもログインしないほうがよいでしょう。

新聞の経済欄を読めば読むほど、
人と「不景気」の話をすればするほど、

私たちは実態以上に【悪さの確認】をしてしまい、
知らず知らずのうちに「悪さモード」を、
体内に溜め込んでしまいます。

今の状況では(誤解を恐れずにいいますと)、
「悪さ」と程よい距離を保つことが必要なのです。

この6ヶ月だけのマーケットを見ると、
「ただ、下がり続けているだけじゃないか」
と思われるかもしれませんが、

しかし、9月、10月のセンチメントと、
今、現在の投資家の感情は明らかに異なっています。
たとえば、金融機関に対してです。

今日、米国CNBCの動画を見ていて、
苦笑いしてしまいました。

トピックは、
AIGに更なる公的資金を注ぐべきなのか?」
だったのですが、

AIGが海に落ちてしまった
「白い車」に喩えられているのです。

大きなクレーン車(政府)が
とりあえず「白い車」を引き上げようとします。

ところが引き上げの途中で、
「白い車」の下に、
さらに大きな「トラック」がつながっているのが
見つかり、

それでも意地で
「白い車」+「トラック」を引き上げようとしている
クレーン車(政府)が、
最後にはもろとも海に落ちてしまう、という話です。
(まさに現在進行形の話ですね)

私たちは未だ、
大きな「トラック」(不良資産)の全容を把握していません。

また、大きな「トラック」の大きさは、
実態経済の悪化に伴い、
さらに膨らんでいく可能性があります。

AIGだけでなく、
シティ・グループに対する公的資金追加も、
理屈は同じでしょう。

もはや死に体となった金融機関に
湯水のごとく資金を投入する「無意味さ」に、
投資家は(特にアメリカの投資家は)
気付き始めているのだと思います。

(自動車メーカー「ビッグ3」も、
まさに同じ図式ですね)

政府の役割は
企業のオーナーになることではなく、
経済の秩序を最低限担保し、
経済活動の円滑性をサポートすることにあるはずです。

アメリカ国民が
「棘のみち」を選択することになれば、
短期的に、マーケットはさらに落ち込むでしょう。

「棘のみち」= 大手金融機関、ビッグ3の中で、
倒産企業を発生させるという道。

しかし、
わたしは棘のみちを抜けないと、
昇るみちは見えてこないと思っています。

たとえシティという会社が停止し、
たとえGMという企業が分割され、
その歴史に幕を閉じることになったとしても、

会社が育んできた資産は、
無に帰するのではなく、
誰かが引き継ぐのです。

誤解を恐れずにいえば、
今、手を挙げたいという気持ちを抑えながら、
これら企業の終焉を待っている「会社」が
いくつも存在するのです。

わたしは
「選手交代」が起こることこそが、
グローバル金融危機の「もっとも暗い時間」を
通り抜ける道だと思っています。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

3月14日の【スタンダードコース 東京】は
残席 5 です。

3月28日の【アドバンスコース 東京】は
残席 7 です。

4月4日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 10 です。

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)





関連記事

| 投資の発想法 | 21:16 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 文章が長い

stern18 さん、実はよく言われるのです、
「文章が長いですね」と。

コンサルティングの時は「聞き役」ですし、
セミナーの中では
決まったことをきちんとお話するのが基本ですから、
ブログではついつい饒舌になってしまうのでしょうね。

しかし、読者の方に
長い文章を深く読んでいただくことが
わたしのブログでの「スタイル」だと思っています。
(このスタイルは、もういい年ですし、
変えられそうにありません。
ご理解のほどよろしくお願いします)




> カンさんの文書は長いです。
> 人が真剣に読むことのできる長さを考えた方がよいです。
> アドバイザーにアドバイスするのはどうかとも思いますが…。
> せっかくよいアドバイスをなさっているのですから…ね。

| カン・チュンド | 2009/03/03 15:13 | URL |

文章が長い

カンさんの文書は長いです。
人が真剣に読むことのできる長さを考えた方がよいです。
アドバイザーにアドバイスするのはどうかとも思いますが…。
せっかくよいアドバイスをなさっているのですから…ね。

| stern18 | 2009/03/01 04:39 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/635-03869608

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT