FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

オーストラリアには、i シェアーズの代表的ETFがちゃんと上場しています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの記憶によれば、
今、オーストラリアは「サマータイム」です。

ですので、日本との時差は2時間になっています。
(オーストラリアが日本より2時間進んでいるのです)

そして、オーストラリアの人口は
2006年時点で2050万人ほどです。

もちろん、株式市場の大きさ、
1日あたりの売買高をとっても、
日本のほうがうんと大きなマーケットであると言えます。

そのオーストラリアに、
国際色豊かなi シェアーズのETFが上場しているのを
ご存知ですか?
オーストラリア証券取引所に上場するiシェアーズのETF
  (19本)

 ↑ 私見ですが、
必要最低限のラインナップとしては、
上記品揃えでも十分だと思います。

日本と同じように、
欧米のマーケット時間から外れた、
(適正な価格形成が難しいと揶揄される市場にも)
ちゃんと、重複上場しているETFが存在するのです。

私たち投資家が望んでいる代表的なETF、
たとえば、

 i シェアーズ MSCI EAFE
 i シェアーズMSCI エマージングマーケット
 i シェアーズS&P 500
 i シェアーズS&P ヨーロッパ 350
 i シェアーズS&P グローバル 100

などが、オーストラリア市場で、
オーストラリアドル建てで、
実際に取引されています。

なるほど、
かの地のETF売買高はまだ多くはありませんが、

しかし、新しい概念を紹介し、
それを投資家に広めるためには、
まずはその「商品」を、
その国の「マーケット」に提供する必要があります。
(どんな業界でも必要な「投資」ですね)

iシェアーズ オーストラリア
のサイトを見ていただくと、

ほとんどのi シェアーズETFが
2007年10月以降に、
オーストラリア市場に上場していることがわかります。

オーストラリアの投資家は
どのように反応しているのでしょうか。

わたしには想像できます。

ETFが今、
オーストラリアの人々の資産運用に
新たな選択肢として加わり、かの地の人々に
運用の未開地を提供しているのです。

人々は、投資の考え方そのもの、
あるいはアセットアロケーションの
前提となる「金融商品の選択」そのものについて、

ゼロの地点から、
まったく違ったアプローチを
検討することができるようになっています。
(これって、ワクワクしますね)

オーストラリアで仕事を行っている
FP、ファイナンシャルアドバイザー、
銀行、証券会社などの金融機関、
金融機関にソフトウェアを提供しているシステム会社など、

オーストラリア内で
資産運用に関わるあらゆる人々が、
「投資の新たな可能性」というツールに
触れ始めているのです。

もちろん新たな概念が広まるには
「時間」が必要です。
その概念を提供し続ける「我慢強さ」も求められます。

しかし、私たちの先人は
過去に何度もそのような投資を行ってきました。

今の日本で、それが出来ないわけがありません。
もうそろそろ、
「出来ない」要因集めをして、
影で苦笑いするのは止めましょう。

名だたるETFが、日本市場に上場することで、
投資家の選択肢が増し、
そしてマーケットに風穴を開けることになります。

それは運用を行う人、
そして運用業に携わるあらゆる人に
可能性というチップを増幅してくれるとわたしは思います。

取引所、運用会社、仲介者としての証券会社が、
まるで申し合わせたかのように、
「代表的なETFを
日本市場に重複上場させるのは無理だよね」
と頷き合っている構図は この国に似合いません。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

3月21日【確定拠出年金で
スッキリ運用商品が選べるようになる講座】
を開催。

3月28日の【アドバンスコース 東京】は
残席 6 です。

4月18日【海外ETF全貌セミナー】
~ETFを用いたユニークポートフォリオの作り方~
を開催。

4月25日の【スタンダードコース 名古屋】は
残席 10 です。

4月26日の【アドバンスコース名古屋】は
残席 8 です。

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)




関連記事

| インデックス投資全般 | 19:51 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/639-9662a43e

TRACKBACK

オーストラリアに上場している ETF

カン・チュンドさんのブログで、オーストラリアに iShares の ETF が上場していることを知りました。 http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-639.html オーストラリアは日本とあまり時差がない国です。 では、なぜオーストラリアで欧米の株式などに投資する ETF が上...

| 乙川乙彦の投資日記 | 2009/03/16 06:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT