PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

三つの羨ましいこと・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

本日「スタンダードコース」に参加された皆さん、
本当にお疲れさまでした。

わたしは今日の勉強会の中で、
「三つの羨ましいこと」を申し上げました。

ひとつ。
今から本格的に資産運運用を始めようとするあなたは
金融危機によって大きくその価値を下げた
「株式市場」を購入できます。

2009年の今の状況は、
あなたのお子さんがあなたくらいの歳になったときに、

「いやあ、2009年当時はグローバル金融危機の影響で
こんなに株価が下がっていたんだよ」
と語れるような、【歴史的な下落局面】なのです。

このような状況で投資を始められるあなたが羨ましい・・。
(人はいつ投資と出会い、
いつ投資を始めるのかを、予め知ることはできません。

今あなたが投資と出会い、
投資を始められることは【幸運】としか言いようがない。)

ふたつ。
今、ほぼすべての通貨に対して【円高】になっている状況で
世界に投資を行えるあなたが羨ましい・・。
(長期的にみて、円の価値が他の国の通貨に対して
「安く」なっていく可能性が高いと考えるため)

みっつ。
今、資産運用というフィールドに出会えている
あなたが羨ましい・・。

資産運用はこれから数年で(間違いなく)
「金融サービス業」に脱皮していきます。

なぜ、銀行というサービス店舗は
午後3時に店を閉めるのでしょうか。
(サービス業では考えられないことですね)

あなたがイオンのSCを知っているとしましょう。
もしかしたらそこには「イオン銀行」があるかもしれません。
土日も開いている、夜9時までやっている銀行なんて
わたしが投資を始めた頃には想像もできませんでした。

伊勢丹が自社のアイカード保有者に対して
資産運用サービスを実施しています。
代々木ゼミナールが
「マネーの学校」を運営してもよいのです。

メルセデス・ベンツのショールームで
オーダーメードの保険コンサルティングを行うことは
(別に)倫理に反しているわけではありません。

頭を柔軟にすれば、
今までの金融業がいかに頑なで、
いかに閉鎖された業界であったかが分かります。

◆ 異業種から金融業への参入が相次ぐことで、
金融業界はようやく「ふつうのサービス業」になるのです。

ここから健全な競争が始まります。
あなたには3つのベネフィットが与えられるでしょう。

1.品揃えが充実する
2.コストが下がる
3.サービスの質が向上する

もちろん、今でも「品揃えの充実」「コストが下がる」
という点は実現していますが・・。
(それも、羨ましい・・)

そして、2009年に投資を始めるあなたは
99年に投資を始めたわたしとは
明らかに【異なるインフラ】を保有しています。

10年前に比べると、
この日本で蓄積している資産運用に関する知識、
ノウハウ、考え方の「量」がまず異なります。
そして、質(クオリティー)が異なります。

あなたが賢明にネットの力を活用し、
本やその他情報を集めて
自らの考えと照らし合わせることで、

99年当時のわたしと比べて
あちこち寄り道せずに(かつ無駄なコストを払わずに)、
あなたにふさわしい投資のやり方(スタイル)を見つけ、
それを実践することができるのです。
(ああ、それもまた、羨ましい・・)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

3月28日の【アドバンスコース 東京】は
残席 5 です。

4月18日【海外ETF全貌セミナー】
~ETFを用いたユニークポートフォリオの作り方~
を開催。

4月25日の【スタンダードコース 名古屋】は
残席 9 です。

4月26日の【アドバンスコース名古屋】は
残席 8 です。

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)



関連記事

| 投資の発想法 | 19:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: はじめまして

いわしぃ さん。
コメントありがとうございます。

わたくしはETFの専門家である前に、
コンサルティング業を正業とする
アドバイザーであります。

従いまして、お客様にとって
通常のファンド、ETF、どちらが
「よりふさわしいツール」であるかにつきましては、

・お客様のマネー状況
・お客様のライフ状況
・お客様の性格、嗜好等を勘案して
慎重に決定する必要があると考えています。

(実は本日のコンサルティング専科でも、
http://www.sinyo-fp.com/consulting/index.html
通常のインデックスファンドを積立て投資することを
お客様にお勧めしたところです・・)


| カン・チュンド | 2009/03/20 13:08 | URL |

はじめまして

いつもこっそり拝見し、勉強させていただいています。いわしぃと申します。
投資一年ほどのビギナーです。
質問をさせていただきたいのですが。
今現在私は毎月の積み立てにて投資信託を購入しております。(分配なしの再投資型のもの)
様々な面でETFにもメリットがあり興味を持っているのですが、もともとだらしない人間なもので定期積み立てが不可能であったり分配金の再投資が難しかったり、コストが円→ドル、購入の際の手数料の高さ(海外ETFは特に)があり、なかなか購入まで決断できないでいます。
そのような部分を差し引いてもファンドではなくETFを使うことをおすすめされているポイントなどご教示いただけませんでしょうか?
大変不躾で素人じみた質問ですが何卒よろしくお願いいたします。

| いわしぃ | 2009/03/18 17:42 | URL |

レバレッジ君 さん

> スタートの時期がいくら良くても、貪欲になり過ぎると失敗します。

まさにおっしゃる通りです。

逆説的ですが、投資を長く同じマインドで続けるためには、
スタート時はマーケット状況があまりよくないほうが
良いのかもしれません。

経済は大きなうねりを内包しており、
必ずバブルとその崩壊を繰り返します。
(こういうことこそ、教科書に載せるべきではないでしょうか)

| カン・チュンド | 2009/03/17 21:39 | URL |

いしだ さん

コメント、ありがとうございます。

銀行はひと昔前は「区役所」のようなイメージを
持っていましたが、
今は手数料ビジネスにひた走る企業のイメージです。
(このブログをご覧の皆さんも、イメージ修正を心掛けてください・・)

| カン・チュンド | 2009/03/17 21:35 | URL |

1991年に投資を開始した私の場合、かなり証券会社に貢献(もちろん手数料のこと)しました(笑)。
これから投資を始める方に銘記していただきたいのは、いずれ相場は回復し、再びバブルが起こるということです。

スタートの時期がいくら良くても、貪欲になり過ぎると失敗します。何事もバランス感覚が必要です。

| レバレッジ君 | 2009/03/15 15:35 | URL |

>なぜ、銀行というサービス店舗は
>午後3時に店を閉めるのでしょうか。

銀行というのは、お客さんがいないときにお店を空けてる不思議な商売。
仕事必要ないんでしょう。
もっともいくと不要なものまで売りつけられるので、
親切心からかもしれません。

かなり以前、某FP協会の支部のあいてる時間が、
月~金の午前10時から午後4時までと聞いて、
本部に苦情メールを送りつけたことを思い出しました。

| いしだ | 2009/03/15 08:40 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/640-cf305d5c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT