FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界経済インデックスファンドです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ご存知の方も多いと思いますが、
住信アセットマネジメントが
世界経済インデックスファンド」という、
ファンドオブファンズを設定しています。

このインデックスファンドは、
明らかにセゾン投信の
セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド」を
意識した作りとなっています。
(たとえば債券と株式を 50%:50%と区分するあたり)

後発であるためか、
世界経済インデックスファンドは
セゾン・バンガードより信託報酬を抑えています。
(年率0.7140%)

◆ しかし、このファンドのいちばんの特徴は、
(株式市場の時価総額比率を超えて)
新興国株式のウェイトを高く設定していることです。

当ファンドでは、株式が約50%を占めますが、
その中でいうと約25%が新興国株式となっています。
(ポートフォリオ全体から見ると、12.5%の比率。)

「カンさん。これって立派にアクティブが入っていますね。」

はい、そうです。

そもそも、インデックス投資では
あなたのロマンを入れることはできません。

たとえば、トピックス(東証株価指数)に連動する
インデックスファンドを買うときに、
「ワタシはユニクロが好きだから、
ファーストリテイリングの比率をもっと上げてよ」なんて
言えないのです。

ところが、
インデックス・ファンドを複数用いて、
自分でポートフォリオを組めば、
あなたの「資産配分」にロマンを入れることは可能です。

インデックス型のバランスファンド、あるいは
ファンドオブファンズで、
ここまで未来にロマンを求めた資産配分を行っているファンドは
ないと思います。

わたしのイメージ(株式に投資する中で)

日本 : 日本以外の先進国 : 新興国
5   :   45         :  50

世界経済インデックスファンド(株式に投資する中で)
※ 基本配分比率

日本 : 日本以外の先進国 : 新興国
10    :   65         :  25

↑ まだまだ開きはありますが・・。

この世界経済インデックスファンド、
販売会社がまだ「ソニー銀行」だけです。
(しかもソニー銀行は 申込み手数料を1.05%取ります)

住信アセットは他のネット証券会社に
「ノーロード」で売り込むべきでしょう。

世界経済インデックスファンドの【月報】はこちら。
                 (PDFファイルです)

【月報】の中の
「各マザーファンド毎の基準価額推移グラフ」、
直近3ヶ月の各資産ごとのの値動きは興味深いです。

少なくとも、株式と債券は正常どおりの
「相関関係」に戻りつつあります。

■ 追記(5月13日)

世界経済インデックスファンドは
SBI証券 にて「ノーロード」で
販売されていることが判明。

■ 追記(5月20日)

世界経済インデックスファンドは
楽天証券 でも「ノーロード」で
購入できることが判明。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

5月30日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 10 です。

5月31日の【スタンダードコース 東京】は
残席 6 です。

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)






関連記事

| バランスファンド | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/652-c341bbcb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT