PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

インベスコ・パワーシェアーズの運用する19本のETFが、今月中に上場廃止となります


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ETFの運用会社、
インベスコ・パワーシェアーズが同社のサイト上で、
19本のETFを上場廃止にすると発表しています。
リリースは【こちら】(英語・PDFファイルです)

日本の証券会社を通じて購入できる
ふたつのETFが含まれている模様です。

・PowerShares Dynamic Europe Portfolio
              (銘柄コード PEH)  
・PowerShares Dynamic Asia Pacific Portfolio
              (銘柄コード PUA)  

上記ETFは
楽天証券、マネックス証券、SBI証券で
取り扱われている米国市場に上場するETFです。

リリースの中身を見てみますと、

(19本のETFについては)
・5月18日が取引の最終日となる
・5月の早い時期に上場廃止に向けたプロセスが始まる
(= 各ETF内のポートフォリオの現金化プロセスが始まる)
としています。

そして、次が重要なのですが、

・ファンド内のキャッシュ比率が高くなるにしたがって、
「指数」とETFのNAV(net asset value)とのかい離、
つまり、トラッキングエラーが大きくなる可能性がある
としています。

NAV とは、ETFの正味価値(理論価格)のこと。

また、リリースは
・5月19日をもって19本のETFは上場廃止となる
・ETFのホルダーは、
5月19日より前に任意に売却することが可能
としています。

このリリースが発表されたのは5月1日(金)です。
(取引時間の後と推察されます。)

したがって、
5月4日(月)、アメリカでの取引が
発表後はじめての取引となります。

万一、マーケットメーカーが
通常通りの「裁定取引」を行えない状況になれば、
ETFの正味価格、つまりNAV(net asset value)と、
ETFの取引値の間に乖離が発生する可能性があります。

米国ヤフーファイナンス
上記ETFの銘柄コードを入力し
取引値を確認したのち、
銘柄コードのうしろに「 . iv 」を足して入力し
GET QUOTES をクリックしてみてください。
取引時点でのNAVを確認できます。

私見ですが、当該ETFを保有されている方は
成行きの形でできるだけ早く売却されるほうがよいと思います。

ところで、
ふたつのETFは純資産額がそれぞれ、
PEH 264万ドル
PUA 1195万ドル となっています(5月1日現在)

(1ドル=100円で)
1億ドルは100億円ですから、
両ETFとも純資産額が小さすぎることがわかります。

■(目安として)
純資産額が1億ドルを下回るETFには
手を出さないという姿勢が大切です。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。
*********************

5月30日の【ファンド特化コース 東京】は
残席 9 です。

5月31日の【スタンダードコース 東京】は
残席 4 です。

7月5日の【アドバンスコース 東京】は
残席 9 です。
(同コースに参加されたコータローさんのご感想は【こちら】)

コンサルティング専科】は OPEN
平日夜9時まで対応しています。

お申込みはお早めに・・)





関連記事

| ETFのお勉強 | 21:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/655-35c92c0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT