FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

気をつけよう、甘い言葉と情熱に・・

こんにちは、カン・チュンド です。

世界最古の職業は 売春 と言われていますが、
「詐欺師」もなかなか 古い仕事 だと思います。

「ほんとに この種(タネ)は
七色の実がなるんですよ・・。

蝦夷の方からワタシが
わざわざ買い付けてきたんです・・」

「この水は 豊国神社からいただいた
尊い「清水」なのですよ・・。
あんたのお米と交換ばしたると言っているのです・・」

「いやあ、これは おろしあ の
テンという動物から取った
それはたいそう 高価な毛皮 なんです。
ただ、あと 3枚 しか残っていなくて・・」

「ナント、この商店街に隣接した土地が 坪20万ですよ!
信じられますか・・。
やんどころない事情があって、
オモテに出てこん情報なのです・・」

「あんただけに教えましょう。
このメープル金貨、モントリオール五輪の時に、
たった50枚だけ鋳造された超レアな一品ですぞ!」

「この 中国未公開株ファンドは、
香港の運用会社 ○○サイコス バートナーズ アセットが
独自の人脈・情報網を駆使して、

今後大きな成長が見込める
中国の新興企業 に投資するファンドです。

ホントは 1,000万円 からしか買えないのですが、
今回は特別に「権利」を10分割してもらって、
100万円から買えるようになったのです。 
でも・・締切りが、来週の火曜日なのですよ・・」

んー、
フムフム、
なるほど・・。

騙す側 と 騙される側の「攻防」って、
(何百年、何千年と)延々続いているのですね。

時代 や 場所 が違っても、
ヒトの 本質 は変わりません。

もしあなたがある人から 執拗に何かを勧められたら、
(そして あなた自身 迷ってしまったら、)

「そんなに勧めるなら あなたは買ってるんですか?」
とひと言 尋ねてみてください。
(けっこう効きますよ・・笑)

以下、騙されやすい人の特徴 です。
(できるだけ冷静に 自分自身 と比べてみてください)

・(人には言わないが)わたしは欲深いほうだ。
・自分だけへの好意 と受け取ってしまうことが多い。
・セールスマンに愚痴を言ったり、甘えたりしてしまいやすい。
・「自分はいつも正しい」と思ってしまう・・。
・どちらかというと意地っ張りで、過ちを認めたがらない・・。

そして、騙されないための心得 です。

・販売員が 自分の都合 ばかり言っていないか?
・売る側の 利益 はいったいどこから出ているのか?
 
(利益の源泉がどこにあるか分かりにくい商品は、
まず怪しい・・)

・店構え、服装、備品、
言葉遣いなどが「分不相応」ではないか?
(つまり 不自然さ を感じないか?)

・なぜ「こんな高金利」が実現可能なのか・・?
(自分でイメージできなければ、
怪しいと思って結構です・・)

・有名人、政治家、評論家、その道の専門家、
公的機関、大企業の名前などを前面に出して、

「こういう人も使っています、
こういう人の お墨付き です」
ということばかり言って、
商品について詳しく語ろうとしないのは
(やっぱり)怪しい・・。

・この人、実に活き活きとしゃべっているが、
商品の知識 はあまり持っていないようだ・・。
 (あー、怪しい・・)

・絶対儲かります!

・元本保証です!と言っても
(実は 外貨建てでの 保証 だったり)しないか?

・税法の違いを前面に出して
「節税 節税」と連呼していないか?
(5年後の税制がどうなっているかなんて、
 誰にも分かりません・・)

最後に、

・お金を預けてしまわない!
(資金は自分で直接
 当事者に振り込むのが「常識」です)

今から 約4,000年前、
エジプトのパピルスにこういう言葉が記されていました。
「甘い言葉 には 毒 が盛られている・・」

ん? 騙されたらダメですよ。
(上の言葉は、わたしが今 勝手に作りましたよ! 笑)



関連記事

| 金融機関にモノ申す | 16:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/67-ff2f3a95

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT