FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

新生銀行、あおぞら銀行、東京スター銀行について その1)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

どんな分野でもそうだと思いますが、
「経験」というものは貴重なレッスンです。

望んだからといって、
あらゆる「経験」ができるわけではありません。

もちろん、お金を積んだからといって、
すべての「経験」が可能になるわけでもありません。

わたしにとって1995年は、
阪神淡路大震災があったことで記憶に残る年ですが、
(もちろん、これも貴重な「経験」でした)

それ以上に(今の仕事を行う上で)貴重な「経験」は、
同じ年、1995年に起きた、
木津信用組合と兵庫銀行の「経営破たん」でしょう。

どちらも関西を地盤にする金融機関でしたから、
わたしは一消費者として、
事の成り行きを見届ける立場にあったわけです。

たしか、
新聞の折込みチラシだったと思いますが、

1995年当時、
木津信用組合と兵庫銀行は特別金利と謳って、
「年利3~4%」の定期預金の宣伝を行っていました。

素人ながら、
「随分利率がいい預金だな」と思ったものです。

(木津信用組合は、有名タレントを起用した
「テレビコマーシャル」まで打っていました・・)

ところが1995年8月30日、
木津信用組合と兵庫銀行は経営破たんしてしまいます。

(特に兵庫銀行のケースは)銀行として
救済合併等を伴わない【戦後初の破綻】となりました。

わたしはこのとき、
◆ 金利が良すぎるのは、危ないことなのだ。
ということを学んだのです。

投資の教科書を見ると、
リスクとリターンは「トレードオフの関係」にあると書いています。

期待リターンはふつう、
預金 < 債券 < 株式 ですから、
リスクの大きさも、
預金 < 債券 < 株式 となります。

では、「預金」という金融商品に限ってみた場合は
どうなのでしょうか。

リターン(5年もの定期)が、
A銀行 < B銀行 < C銀行 なら、

リスクの大きさも、
A銀行 < B銀行 < C銀行 になるのでしょうか。
(それは、その通りでしょう・・)

ところで、
本日(6月4日)の日経新聞を見ましたか?

いえ、トップページではなく、
最終面のいちばん下の【広告】です。

◆ 新生銀行の、
5年もの「金利 年1.7%」の広告が
載っていませんでしたか?

ちなみに新生銀行の「ウェブサイト」でも
同じ内容の告知が確認できます。

新生銀行「夏の円定期預金」
5年もの「金利 年1.7%」という預金は、
いわゆる「仕組み預金」ではありません。
(万一、中途解約しても元本は確保されます)

・・通常の「定期預金」が、

・・この超低金利下、

・・こんなにいい金利で提供されるなんて。

A すごく魅力的!
B ちょっと怪しい。

あなたはどちらに取りましたか?

A 「すごく魅力的」と思われましたか?

んー、たしかにお気持ちはわかります。

出口が見えない
景気後退を経験している私たちにとって、
「金利 年1.7%」はとても魅力的に見えます。

しかし、この「良すぎるリターン」の中に、
ぐつぐつと煮えたぎる【リスクの芽】を
感じ取って欲しいのです。

今、主な銀行の「5年もの定期預金」の金利は
どうなっているのでしょうか。
(最優遇金利で見てみましょう・・)

あおぞら銀行 「ネット定期」5年もの 年 1.50%         
東京スター銀行「優遇金利定期預金」5年もの 年 1.50%

泉州銀行 「ダイレクト支店」 5年もの定期 年 1.20%
ソニー銀行  5年もの定期 年 0.643%
みずほ銀行 「インターネット支店」 5年もの定期 年 0.50%

※ 東京スター銀行は100万円以上の預入れ。
他はいずれも預入れ300万円以上1000万円未満。

東京スター銀行は、
「本預金は原則中途解約できません。
当行がやむを得ないと認め中途解約に応じる場合は、
年利0.002%(税引後0.0016%)の中途解約金利を適用」
という但し書きがあります。

◆ ちなみに、6月募集分の
5年もの国債の「応募者利回り」が 年0.739% です。

単純に考えて、

預金でお金を【仕入れて】、
リスクフリーの【国債】で運用した場合、
利ざやが稼げるのは、ソニー銀行とみずほ銀行のみですね。

他の金融機関は、
無理してお金を集めていることには
ならないのでしょうか・・?


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。 晋陽FPオフィス
*********************

7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京

7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪

7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪




関連記事

| 金融機関にモノ申す | 17:29 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

レオ さん

貴重な情報、ありがとうございます。
ひとりでも多くの方に
「リスクの芽」を感じるマインドを持っていただきたいと願っています。

| カン・チュンド | 2009/06/05 11:02 | URL |

思い出しました。更に高い所があります。
日本振興銀行 5年もの定期 年 1.90%です。
参考まで。

| レオ | 2009/06/04 21:14 | URL |

新生やあおぞら銀行があぶないのは、誰でもわかっていると思います。新聞の経済欄なんかにも赤字の記事でてますしね。。
それでも、預けるのは預金保険の対象だからです。もし、それすら守られないようなら、どの銀行もあてにならないでしょう。。。

【リスクの芽】を感じて欲しいというエントリーなので、私の書き込みはちょっと論点ずれてますけど。

| レオ | 2009/06/04 18:29 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/671-2a255d92

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT