PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ」を読んで・・


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「専門家」になってしまうのは、
ある意味、恐ろしいことだと思います。

うまくは言えないのですが、
ひとつの領域で物事を知れば知るほど、

【考え方が凝り固まり、柔軟な発想がしにくくなる】
と思うのです。
 
その領域について、
【まったく知らない状態】というのを、
イメージできなくなるからでしょう。

わたしは個人として資産運用を行っていますが、
それでも、投資という作業をどこか
「職業的なフィルター」を通して
見てしまう自分がいます。

当たり前のことですが、

「わたしはもう永遠に、
投資を知らない自分には戻れません・・。」

ですから、
個人の方が書いているブログを
ついつい見てしまうのだと思います。

多くのブロガーは、
100%「一介の個人」として投資を捉え、
自分の習慣に取り込もうとしています。

その「ピュアな葛藤」が、
読む者を惹きつけるのではないでしょうか。

そこには、専門家が忘れがちな、
投資と投資家の【ストレートな対話】があるのです。

うさみみさんが運営している
30歳代からの資産運用~よちよち投資家のブログ

を知ったのはまったくの偶然でした。

このブログの中で
わたしのオススメは、
【アセットアロケーションを決めよう(2008)】
というカテゴリです。

全部で20回の連続記事なのですが、
たいへん勉強になります。

(資産配分を決定するまでのプロセスについて、
とても丁寧に解説されています)

20回目の記事「まとめ」のところで、
うさみみさんはこう語っています。

―うさみみはアセットアロケーションというのは、
「戦略部分」だと思っています。
どのアセットクラスにどれだけ配分するかは、
その人の「投資スタンス」を物語ってると思うのです。

(中略・・)

大切なのは、
「自分の戦略を維持しつづけること」つまり「継続性」です。―

投資の「本質」部分↑ですね。

また、
大切なことを見失わないために[2008-3] の中では
次のようにも語っておられます。

―投資が全てなのだろうか?。。
何のために投資をしているのだろうか?。。
何かを忘れてないか??
すべての個人投資家が自問すべきことではないでしょうか。

資産形成が遠回りでも
夫婦協力して1つ1つ目標をクリアしていき、
夫婦の絆が深まり成熟していく。
投資本には書いていない視点、
いや書かれるはずがない視点です。
ですのであえて書きます。

投資より
「共通したビジョンを持ち着実に歩むこと」の方が
はるかに大事だと思う。。。
だって「投資はそのための道具に過ぎない」んだもの。。。―

リスクテイクはするが、
長期的な視点に立って、
ご家族にとっての「人生イベント」を第一に考えて、

無理のないアセットアロケーションを目指している姿が
ひしひしと伝わってきます。

(何と言いますか、うさみみさんの
奥様、お子さんに対する「愛情」が垣間見えるのです)

うさみみさんの記事を読んでいると、

投資が何のために存在し、
また、資産配分が決定されるまでに、
個々人のどんな人生状況が、
あるいは価値観が反映されるのかということを
改めて考えさせられます。

うさみみさん、
素敵な記事をありがとうございます。

わたしももう一度、
投資と【ストレートな対話】をしてみたいと思います。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
なぜなら、本来価値より安くなった株式市場を
購入することができるからです。 晋陽FPオフィス
*********************

7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪





関連記事

| 投資の発想法 | 10:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/673-e81636fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT