FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベストを目指すより、ベターな状態を続けてしまうこと


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

最近、コンサルティングの現場で
痛感していることがあります。
それは、

「ベストのアドバイスより、
お客様が実行できる(ベターな)アドバイスのほうが
よほど意味がある。」

ということです。

コンサルティングとは目に見えないサービスです。
したがって、その効用が実感しにくい面があります。

乱暴に言ってしまえば、
コンサルティングそのものに価値があるのではなく、

コンサルティングの実施によって
お客様がどのように【行動できたか】で、
コンサルティングの価値が決まってくるといっていいでしょう。

わたしは誰かと机上で
投資理論の対決をするわけではありません。
情報とか知識の鮮やかな交換大会をするわけでもありません。

理論やノウハウというものは
いってみれば「材料」であり、
お客様本人が何かに「気付き」→ 「行動」を起こせるか否かが
すべてなのです。

具体例)

A 理論的に正しい○○を100%実施する

B 理論的に正しい○○を80%実施、
無駄はあるが顧客が求めている△△も20%実施

という「ふたつの選択肢」があるとしましょう。

アドバイザーが、
「Aですよ、Aが正しいのですよ、Aを実行しましょう」
という杓子定規にこだわり、
もし(結果として)
顧客が何も実行できなかったとしたらどうでしょう。

(それは単なる「理論の押し売り」となります)

たとえBであっても
お客様が【実行】することが大切なのです。

その後、1年、3年と時間が経過し、
周りの状況(外的要因)、お客様の状況(内的要因)が変わり、

時間というフィルターを通して
たとえば、

B´ 理論的に正しい○○を90%実施、
   無駄はあるが顧客が求めている△△も10%実施

という「提案」をアドバイザーが行い、
それを顧客が受け入れれば、
それは「時間軸」を考慮に入れた
立派なコンサルティングであるとわたしは思うのです。

 あっ、今お話した考え方は
 あなたの投資でも同じですよ。

ベストを目指して投資がスタートできない、
あるいは挫折してしまうより、

ベターな状態で10年、20年と投資を続けてしまったほうが、
実入りは大きくなるのです・・。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪





関連記事

| わたしのFP修行 | 13:32 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメント、ありがとうございます。

レオ さん
まさしくその通りです。

にゃんた さん
リハビリの世界でも
理屈より実行なのですね。

しかし、投資と違って人が相手ですから
一筋縄ではいかないと思います。

> 人の末路には実に学ぶことが多いと感じております。
このことばは重いですね。
(私たちは必ず末路を迎えるわけですから・・)


| カン・チュンド | 2009/06/16 13:54 | URL |

はじめまして!

いつもカンさんのブログで勉強させていただいています、にゃんたと申します。
もうかれこれ2年ほどブログを拝見させていただいていますが、今回の「ベストよりベターを!」という趣旨にあまりに同感、賛同、感動してしまってコメント書かせていただきます。

私は今、老人保健施設で高齢者のリハビリの仕事をしています。その現場で痛感するのが①「理屈より実行」②「長期的な視点」の重要性です。
①に関して、カンさんのおっしゃるように、どんなに効率的で有効と思われる理論(運動プログラム)があっても、相手がやる気にならなきゃなんにもならない。高度なプログラムよりしゃべりしながら散歩したりボール投げあいっこした方がベターな方が非常にたくさんおられます。歩いてるだけ、ボール投げてるだけ、を仕事にしていいものだろうか?との危惧が生まれることすらありますが、実際、動いてもらってなんぼの仕事です。
②に関して。高齢の方々は主に血液循環の関係から冬になると痛みを感じやすくなり、動きにくくなり転びやすくなり死にたいとかなんとか弱音を吐きやすくなります。逆に新緑の時期や天高く馬肥ゆる時期にはみなさん、動きがよく不平不満が一息つきやすい傾向があられます。仕事を始めたころは、こういうこともわからないので自分の技術のなさや至らなさに思いがいったものですが、最近どんどん面の皮が厚くなり、大丈夫!またよくなりますから!なんて適当な言葉を吐けるようになりました。一人ひとりの人間を長い目で見続けることは、高齢者である以上、それほど楽しいことばかりではない(結局亡くなられますので)ですが、人の末路には実に学ぶことが多いと感じております。

と、話がややずれてしまいましたが、今回のブログ、とっても同感しました。そして改めてカンさんを応援したくなりました(日本人の知らなかった・・・の本を昨年買いました。今友達に貸してます)。これからも中身のある実感のこもった素敵なブログ、期待しております。お体に気をつけてがんばってください。初めてなのにやたら近しいかのような表現、失礼しました。では

| にゃんた | 2009/06/14 15:32 | URL | ≫ EDIT

投資だけではなくて、人生全般においても活かせる考え方だと思いました。

| レオ | 2009/06/13 11:07 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/681-1ccdce74

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT