FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

経済発展を支えるいちばん重要な要素とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資を行っている限り、
「どの国がいちばん発展するのだろう?」
と考えてしまうのは人の常です。

やはり、あれでしょうか、
資源が豊富なことが、
経済発展の重要な要素なのでしょうか?

(いいえ、わたしはそうは思いません。
逆に、資源がたくさんありすぎると、
それに頼りきりの経済構造になる恐れがあります。
人が努力しなくなるのです・・)

独自の技術を持っていることが大切なのでしょうか?
(それはそうでしょう。)

人口分布も影響する?
(はい、これも重要です。)

もちろん、資本(お金)が調達できることも重要です。

しかし、いちばん重要な要素は でしょう。

その国に住む人間が、どれだけインセンティブをもって
経済活動に邁進できるかが【経済発展の源泉】なのです。
(人が創意工夫を行うことで、技術は生み出されますし・・)

上記に比べると、重要度は劣りますが、
経済発展を左右する「インフラ的状況」というものも存在します。

それは「言語」と「宗教」です。

20代前半の頃のお話です。

わたしはフィリピンの首都マニラから、
船でミンダナオ島のダバオに向かっていました。
(たしか2泊3日くらいかかったと記憶しています。)

その船の中で、
わたしは「かつてのご近所さん」に出会ったのです。

だいたい船の中というのは退屈ですから、
違う国から来たわたしのような人間は、
格好の「話のネタ」にされてしまいます。

「アンタはどこから来たんだ?」
「えっ、ひとりで東南アジアを回っているのか?」
「アンタはキリストを信じるか?」
などなど、質問攻めにされるわけです。
(わたしも退屈ですから、嫌な気はしなかったのですが・・)

そんな中で、わたしは関西弁をしゃべる
フィリピン女性に声を掛けられました。
「わたしも神戸におったでー」

えっ?

「鷹取の工場で働いててん。」
「ぼくは板宿に住んでたよ。」
と日本語かつ関西弁に戻るわたし・・。

「アンタ、なんでダバオなんかに行くの?」

「ダバオはイスラム圏でしょ。
文化がマニラとどう違うのか、ちょっと興味があって・・」
※ ミンダナオ島はイスラム圏なのです。

「アンタ、変わってるな・・」と、
その女性に言われました。

彼女は結婚することが決まっていて、
式の前にダバオに里帰りする途上らしい。

「旦那さんは、マニラの人?」
「そうそう。」
「じゃあ、カソリック(キリスト教)でしょ?」

※ 彼女は当然イスラム教徒です。

わたしは訊きました。
「それって問題じゃないの?」

なに言うてるん。
旦那はイスラムに変えさせるよ。
あったりまえやん。


・・・・・・・・。
(ちょっと旦那さんに同情してしまったわたし・・)

宗教とはすなわち「生活規律」です。
異なる宗教が存在するということは、
ひとつの国を二分する力を内包するとわたしは思います。

実際、フィリピン国内で
イスラム教徒が占める割合はごくわずかですが、
今でもミンダナオ島を中心に、
イスラム分離独立派による紛争が続いています。

宗教対立があることは、
経済発展にとっては
明らかにネガティブな要素ではないでしょうか。

(続く・・)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月5日 【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
7月19日【マネ缶スクール スタンダードコース 大阪
7月20日 【マネ缶スクール アドバンスコース 大阪
8月2日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 09:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/697-f58bb7d9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT