PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

これは【壮絶なバトル】です


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

時々、思うことがあります。
「もし、資産運用に関する仕事に携わっていなかったら、
投資に対してどんな印象を抱くのだろうか」と。

おそらく、【胡散臭い】と思ってしまうのでしょうね。

少し斜に構えて、
投資という虚業に関わる人たちを、
「あの人たちは所詮、なんでもお金なんだ」と、

自分はお金には関心ないフリをして、
シニカルな表情を浮かべたりするのです。

しかし実は(心の底では)、
お金を殖やすことに興味がないわけではありませんから、

わたしは斜に構えつつ、ネットで情報を見たり、
書店でマネー雑誌を立ち読みしたりして、

「我流で」「ちょっと良さそうなもの」に関心を抱き、
誰も自分のほうを見ていないなと確認して
「ちょっとだけ買ってみようか」と、
金融商品を購入したりするのです、おそらく・・。

人はどれくらい儲かるかわからない、
あやふやで抽象的な商品より、

利回り○○%と書かれていて、
たとえば、満期は2年と謳っている商品に魅かれます。

利回り○○%のほうが、
かつ、2年満期というほうが、
具体的な「儲け」のイメージがしやすいからです。

しかし、ここに落とし穴があります。

商品提供側はその道の「プロ」です。
彼らは投資家の【心理】を十二分に知っていて、

【確定利回り】で、
【投資期間】は決まっている
ということを、
全面に打ち出します。

彼らは金融商品の周りに存在するたくさんのコストや、
土の中に埋まったリスクを
黒いビニールシートで被って、

【確定利回り】で、
【投資期間】は決まっている
ところに
「こだわり」を見せるのです。

利回り○○%、かつ2年満期云々の商品に比べて
たとえば「インデックスファンド」などは、
なんとも頼りなさが目立つ金融商品です。

あらかじめ利回りが決まっていない、
「市場の平均」という、雲をつかむような対象に
投資を行うわけですから・・。

それに、投資の成果が現れるまで
「時間がかかる」というのも、
忙しい現代人には 魅力がうすい商品と映るのでしょう。

さて、無駄なコストや隠れたリスクをデコレーションした、
仕組み債的な金融商品といえば、
たとえば【こんな商品】です。

 円建て 早期償還条項付 ETF
<”A50 チャイナ・トラッカー”> 連動債

 
これなど、
資産運用に携わっていないケースのわたしが、
好きそうな商品ですね(笑)

【中国】が関連していて、
【確定利回り】で、
【投資期間】は決まっている。

お断りしておきますが、
上記金融商品は「ETF」ではありません。

上記は、「ETF」というツールを利用した
仕組み債券 なのです。

まず、円建てで「年率6.00%」というところに、
良い意味での【胡散臭さ】を感じてください。

(日常生活の常識に当てはめてみれば、
????となりますよね)

そして、この商品の「リスク」が
どこにあるのかを見つけましょう。

お申込みメモの、
「満期償還」の項で、次のように記されています。

早期償還が発生しなかった場合、
下記のいずれかに従い償還されます。

1.最終評価日における対象ファンド終値が
当初価格以上であった場合 額面金額の100%

2.最終評価日における対象ファンド終値が
当初価格を下回った場合
額面金額 ×
(最終評価日における対象ファンド終値 / 当初価格)

特に注意すべきは 2.です。

下記はいくつかあるパターンのひとつですが、

最終評価日における対象ファンドの「終値」が
当初価格を下回っていた場合に、
(対象ファンドとは中国ETFのこと)

わたしが預けた100万円のお金が
いったいいくらになって返ってくるかというと・・、

額面金額 ×
(最終評価日における対象ファンド終値 / 当初価格)
なのです。

???

つまり、いくらになって返ってくるか分からないのです。
わたしのリターンは、
中国ETFの【価格次第】ということ。

これは言い方を換えますと、

・期待できるリターンは最大で「年6.00%」なのに対して、
・期待できるマイナスの大きさは「計り知れない・・・。」

【リターンが限られているのに、
リスクは限られていないのです・・】

このような商品に、↑投資しようと思いますか?

これは自明の理ですが、

「こんな金融商品は、わりに合わないな」
「リスクとリターンが釣り合っていないな」

と100人の人が気付き、
また500人、1000人の人がこの金融商品の購入を止めれば、

無駄なコストの塊であり、
隠れたリスクが存在する
商品提供側に有利な「このような金融商品」は
なくなるわけです。

別の言い方をすると、

「こんな金融商品は、わりに合わないな」
「リスクとリターンが釣り合っていないな」

と感じる人が増えないと、

このような
(私たちにとって)明らかに不利な金融商品は、
なくなりません。

これは私たち投資家と、
金融商品提供側の【壮絶なバトル】なのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば、世の中の見方が変わる。
                 晋陽FPオフィス
*********************
7月18日【積立て投資術 出版記念セミナー 大阪
8月2日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
8月8日【積立て投資術 出版記念セミナー 東京
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京




関連記事

| 投資家の感情リスク | 09:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/707-ea6bfc93

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT