FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

【投資おさらい講座】 その1) ~ 素朴な疑問をもう一度投げ掛けてみよう ~


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

投資に限らず、私たちはルールとして
提示されるたった1行の文章を、
「ふむ。そうだな。それはそうだ。」と、
当たり前に納得してしまいがちです。

たとえば、
~長期投資を実践しましょう~ というルールです。

(ところで)私たちはなぜ
「長期投資を実践する必要がある」のでしょうか。

今、ない知恵を絞って考えてみました。

答え)・・それが、株式市場の「成長」をすべて捉える
     唯一の方法だから。

(ずっと投資を続けていないと、
市場が生み出す「成長」をすべて捉えることはできません)

皆さんご存じのとおり、
株式市場は日々「変化」しています。

日経平均株価 9,100円
ダウ平均    8,500ドル

あらゆるマーケットで(株式市場の価値として)
今のところ【正の数字】が付いていますよね。

ということは、50年、100年のスパンで見て、
マーケットではその価値が下がった回数より、
上がった回数のほうが多いのです。

具体例・・。

1997年から2006年までの10年間、
アメリカ株式市場の平均値S&P500は、
年率8.4% の収益を上げています。

しかし、
毎年「プラスの成績」になっていたわけではありません。
(2002年など、20%以上のマイナスでした)

年率8.4%の収益を上げたと言っても、
それは「毎年8.4%の収益を上げた」
という意味ではないのです。

嗚呼、私たちはついつい忘れがちになりますが、
市場の平均値の成績自体が、毎年バラバラ です。

いいえ、毎月バラバラ です。
いいえ、毎日バラバラ です。

たとえば、
こんなことって、想像できますでしょうか。

1997年から2006年までの10年間で、
アメリカ株式市場は2500日余り
「マーケットが開いていた」のですが、

その2500日余りのうち、
ある 特定の10日間 だけ、
あなたが株式市場から離れてしまったとしましょう。

(投資を「中断」したのです)

あなたがチェコとクロアチアに旅行に行くことになって、
その間、株式市場をウォッチできないことが嫌で、

S&P500に連動するファンドをいったん売って、
11日後、また市場の平均値を購入したというケースです。

その特定の10日間、具体的にいうと、
1997年から2006年までの10年間で
いちばん市場平均が「上昇した10日間」を逃してしまうことで、

S&P500の収益率は、年率2.2%にまで
落ち込んでしまうのです。

2500日余りのうちの、たった10日間ですよ。
(信じられないですね・・)

◆ いかに、株式市場の収益の現れ方が
  「いびつ」であるかがわかります。

わたし自身、今まさに
「年率2.2%にまで落ち込んでしまうのです。」と
言いましたが、

この「年率2.2%」という書き方そのものが
実は怪しいのです。

定期預金にお金を預けて「年2.2%」というなら
わかります。

毎年、判を押したように
「2.2%」の利息が付くでしょうから。

しかし、株式市場という投資対象は、
判を押したようにあらかじめ決まった「収益」が
実現するところではありません。

収益の現出のしかたは、
超ランダム」なのです。

小刻みに上がるかと思えば大きく落ち込んだり、
ずっと寝続けてプラスマイナスゼロに近い状況から、
一気に指数が上昇したり・・。

もう、バラバラ・・。
本当に「傾向」というものがありません。

そして、困ったことには、

たとえば、いつ
「一気に指数が上昇したりする」のかは、
前もってわからないという摩訶不思議さがあります・・。

(いったい誰が、2009年10月23日からの8日間で、
株式市場の劇的な上昇が起きます! なんて
予測できますでしょうか・・)

結局のところ、私たちは
市場の「成長」をすべて捉えるためには、

(いかにも消去法的ですが)
市場に投資し続けているしかないのです。
それを世の中では「長期投資」と呼んでいます。

追記)

直近のマーケット現象で
私たちには学ぶべき「レッスン」があります。

グローバル金融危機という激震ののち、
株式市場は2009年4月から7月にかけて急騰しました。

(この時期に、市場の外に居てしまったことで、
今後数年の市場リターンの大きな部分を逸してしまった
可能性が高いとわたしは思います。

グローバル金融危機のあと、
市場から撤退せよと声高に叫んだ人の中で、
2009年3月末に「市場に復帰せよ」と言えた人が
果たしていたのでしょうか・・)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
  夏の間にマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
8月2日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
8月8日【積立て投資術 出版記念セミナー 東京
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京




関連記事

| 投資の発想法 | 16:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/709-c669e39e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT