FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETF考 その1) ~ タマゴが先か、ニワトリが先か ~


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの父は、典型的な「伝統的投資家」です。
つまり、日本の個別株しかやっていません。

(この、↑やっていませんという表現そのものが
 伝統的ですね)

父に言わせると、
投資信託なんて「ぼったくり」だそうです。

自分の知らない銘柄を勝手に組み込んで、
おまけにごっそり手数料を取る。
「あれはろくな商品じゃない」と言っています。

(ちょっと複雑なわたし・・)

「伝統的投資家」にとって、
投資信託というのは、やはり亜流なのですね。
意識としては個別株より
ちょっと「下に」見ているのでしょう。

ところで、
アメリカにも香港にも、ベルギーにも
「伝統的投資家」はたくさんいます。
(それこそ、何百万人、何千万人と存在します)

伝統的投資家にとっての「プライド」とは?

それは、
ーわたしは自分の考えに基づき、
すべての意思決定を自分で行っているんだー
  という自負心でしょう。

数多の企業を物色し、
マーケットという舞台のうえで
たったひとつの「原石」を見つける。

このことに、
知的興奮を覚えるのは理解できます。

ところで、
世界に生息する「伝統的投資家」にとって、
「ETF」という道具は最初、
どのように映ったのでしょうか。

・わけがわからない商品だ・・。
・ファンドなのか?
・でも、株式市場に上場する「銘柄」なんだろ?
・で、ひとつの「銘柄」なのに、広範に投資が行えるのか。

警戒心は持ちながらも、
少なくとも、通常の投資信託に対して抱いていた
「ちょっと下に見る」イメージよりも、

ETFのほうに
距離的に「近さ」を感じていた方が
多かったのではないかと思います。

ETFは、
ETFを組成した関係者の予想を超えて、
「伝統的投資家」にすんなり入り込んでいったのです。

(アメリカや香港やベルギーにおいてです。
日本では、まだまだこれからですけれど・・)

また、ETFは
当初想定されたニーズの範囲を超えて
利用される金融商品となっています。
(少なくとも、アメリカや香港やベルギーではそうです)

たとえば、
ETFは「信用取引」を行うことも可能ですから、
(国内に上場するETFに限られますが)

リスクテイクする「伝統的投資家」が、
→ 個別株購入

(リスクヘッジとして)
→ 国内の市場平均に連動するETFを【売り建てる】
という活用ができます。
(万一、市場が下落してしまった場合に備えて)

また、こんなニーズもあるでしょう。

日本の新興市場の株が好きな投資家が、
「でも、市場平均もちょっと押さえておきたいなあ」
というときに、
同じ画面上でトピックスETFを買い付けたりする。

あるいは、
IT関連、ソフト関連の株にしか興味がない人が、
(リスク分散の意味で)

不況に強い「医薬品関連のETF」(セクターETF)
を買っておくことも可能です。

個別株を売り買いする投資家に、
ETFは(意外と)「相性」がよいのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| ETFのお勉強 | 07:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

矢向 さん

わたしも日本にたくさん上場している
分野ごとのETFは買ったことがありません。

水瀬さんの言葉を借りれば、
国内にはF1用の特殊なクルマばかりを上場させて
「カローラ」のようなクルマが見当たらないということ。
(これがいちばんの問題なのですね)


| カン・チュンド (姜 忠道) | 2009/08/12 11:47 | URL |

お疲れさまです。
分野ごとのETFは、分散が足りない?気がしています。より広くより市場のリスクを削った投資。。
分野に集中してしまうのは個別株を買うのとアマリ変わらない気がしています・・・ソウでもないでしょうか。。

っという偏見で、日本にたくさん上場している分野ごとのETFを購入したことは有りません。

分散、ブンサン、ぶんさん、、分野もブンサンできるインデックスファンドを購入しています。

| 矢向 | 2009/08/12 07:26 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/722-81432c47

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT