FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

金融商品の品質保証とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ブログ「Passiveな投資とActiveな未来」でお馴染みの
ybさんが【さわかみ丸からの下船を決意しました
という記事を書いておられます。

その中で、
(ybさんが書かれた記事の本筋とは離れてしまうのですが、)
わたしは以下の文章に目がテンになりました。

―やはりアクティブファンドは
インデックスファンドに比べて
いろいろ考慮しなければならないファクターが多く、

今回のさわかみファンドの運用のように、
長期でこれらファクターが一定で
安定しているという品質保証が無いので、
アクティブファンドという選択にはなりませんでした。―

わたしが注目したのは、
品質保証」ということばです。

私たちはしばしば忘れてしまいますが、
金融商品とは「商品」の一種です。

それは、
・ターミネーターという映画
・750Wの電子レンジ
・左利き専用のはさみ とまったく同じです。

「ターミネーター」という映画は、
5回観ても、10回観てもラストは同じです。
(まさに品質保証!)

わたしはお弁当を温めるとき、
750Wの電子レンジで「1分間」チンします。

朝でも夜でも、
機嫌が良いときも悪いときも、
いつでも「1分」でチンできるわけです。

(お弁当を温めるたびに、
時間調整をしないといけないなんて、
考えただけで嫌になります・・)

左利き専用のはさみは、
右利きの方にとってはきわめて使いにくいものです。
これは5回切っても10回切っても同じです。

また、はさみの切れ具合も
いつも【一定】していますね。

当たり前ですが、
私たちは「商品」というものに対して、
【一定】の機能・効用を求めています。

翻って、インデックスファンドという「商品」は、
どのような機能・効用を求められるのでしょうか?

これはいたってシンプルです。
市場の平均値である「指数」と
同じ値動きになることを求められているのです。
(それ以上でも、それ以下でもありません)

これが、
インデックスファンドにとっての
【機能・効用】です。

我が家の電子レンジが
「1分」でお弁当を温める
「機械的システム」を持っているように、

日経225に連動するインデックスファンドも、
パッシブ運用という「機械的システム」を
その商品のうちに内包しています。

(もちろん、毎年10月の
日経平均株価の銘柄入れ換え時には、
「人的能力」を大いに借りる必要があると思いますが)

◆ (実は)アクティブファンドは、
インデックスファンドに比べ、
その【機能・効用】を発揮する点で、
「人的能力」に依存する部分が大きい商品なのです。

 ↑ だからこそ、
アクティブファンドには「ロマン」があるわけですが…。

ただ、
「人的能力」に依存する部分が大きい商品ほど、
クオリティーのばらつきも大きくなってしまいます。

たとえば、アクティブファンド、
インデックスファンドとも、

継続的なコストがかかる、
ファンドの繰上げ償還リスクがある、
運用会社のM&Aリスクがあるなどの
「リスク要素」を抱えていますが、

商品の「品質維持」という点では、
アクティブファンドのほうが
不確実性は高いと言わざるを得ません。

運用チームの陣容が変わる、
あるいはファンドマネージャーが変わることで
投資スタイルが変質してしまうリスク。

ファンドに大きな資金流入、
資金流出が起こることで、
当初の投資スタイルが
維持できなくなってしまうリスク。

このようなリスクは「人的能力」に依存する
アクティブファンドに顕著なのです。
(かつ、このようなリスクは
予測することが極めて難しいです...)

電子レンジの「故障」なら、
修復することは難しくありませんが、

アクティブファンドの「故障」
(= 投資スタイルの変質)は、
この部品を取り替えればOK、
というわけにはいきません。

繰り返しになりますが、
ファンドという「商品」は
具体的な効用が現れてくるまで【時間】がかかります。

したがって、商品の【品質】が
長期間にわたって維持されることは
たいへん重要なのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
    夏こそマネーを学べ!
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月13日【マネ缶スクール ファンド特化コース 東京
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 13:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

yb さん

たとえば、縁があってお知り合いになった方とも
長く付き合いたいと思いますが、

ファンドとはそれこそ(人生時間の尺と同じほど)
長い付き合いになりますからねー。

品質が安定していることは、
外せないファクターだと思います。

| カン・チュンド | 2009/08/19 18:31 | URL |

ybです。

>目がテンになる・・・

驚いて呆れてしまいましたか?^^;

でも、やはりカンさんが具体的に例示されたような点で、運用に(品質に)安定性がないためアクティブファンドという選択肢にはなりませんでした。

| yb | 2009/08/19 00:20 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/724-30242d38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT