FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

点から面への【発想の転換】


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日、「投資の主人公は、
金融商品そのものではなく【投資ポリシー】です」と
お話しました。

仮にあなたが確固たる【投資ポリシー】を築いたとしましょう。
(「インデックス運用を実践する!」)

それでも、
私たちが相手にする【投資】とは
すべて「未来」に関わることであり、

未来のことは(残念ながら)誰にも分からず、
(はっきり言って)一寸先は闇 です。

ですから私たちの先人たちは試行錯誤のすえ、

× どの金融商品を選ぶのか
○ どのように金融商品を【組み合わせるのか】

という投資のやり方(戦略)を確立させてきたのです。
(それも何百年、何千年をかけて!)

どのように金融商品を【組み合わせるのか】という
「発想の転換」ができれば、
未来という 乱気流 に対して、

・たった1本のヤリで戦う(点)やり方から、
・大きな円形の盾(たて)を擁して戦う(面)という、
【戦い方の変更】が可能になります。

あなたにお尋ねしたいのですが、
未来という 乱気流 に対して、

1.たった1本のヤリで戦いたいですか? それとも、 
2.円形の盾を擁して戦いますか?

もし、2.を選ばれるのなら、
大丈夫です、
あなたは、点から面への【発想の転換】が出来ます。

「カンさん、金融商品Fはどうなのですか?」
というご質問から、

「カンさん、インデックス運用を行う
金融商品Dと金融商品Qの
組み合わせというのはどうなのですか?」

というご質問に 変・わ・る のです。

ファイナンスの世界では、
円形の盾を擁することを、
<運用の設計図を作る> といいます。

投資を行う中で、
長期的な収益の大きさを決定しているのは
実はこの【運用の設計図】であり、
英語では「ポートフォリオ」と呼ばれます。

たとえば、自分の家を建てる時に、
「んじゃあ、とりあえず1階のリビングの場所に、
大きな柱を2本立ててよ。ヒノキでね!」

なんて言うでしょうか。
(言わない、言わない)

家という高価で、大切な資産を建てる際には、
家全体の見取り図 =【設計図】を、
まずは引いてもらいますよね。

あなたの資産運用も、同じなのです。

A債券ファンド? C株式ファンド?
と悩む前に、
まずは自分の「ポートフォリオ」を作ってみましょう。

試しに、チラシの裏側に、
大きな丸い円を描いてみてください。

その中に(ラフで構いません)、
あなたが保有している資産を描いてみるのです。

キャッシュも、債券も株式も、
あなたというかけがえのない「人的資産」も、

不動産も、デルヴォーの絵も、
持ち株会で持っている個別株も、
すべてあなたという人間が選んで保有している【資産】です。

まずはこの「全体図」をしっかり眺めてください。
そして、分析してみてください。

バランスがいびつでないか。
この「○○ファンド」は
本当に望んで買ったものなのか etc…。

最初は「面倒だな」と思われるかもしれませんが、
これを最初に行っておくと、
あとがずいぶん楽になります。

なにしろ、投資とは自分のお金を
5年、10年と【続けて・管理していく】作業なのですから。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京





関連記事

| ポートフォリオ運用 | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/738-a3b9b371

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT