FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

資産運用 = リ・バランスを続けること その1)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

さて、日経平均でも、ダウ平均でも
どの「市場平均値」でもよいのですが
ちょっと思い浮かべてみてください。

どんな時代の
どんな「市場の平均値」でも、
共通していることがひとつあります。

それは、
◆「市場の平均値」が上がると、
  マーケットに資金が流入します。

◆「市場の平均値」が下がると、
  マーケットから資金が流出します。

これはいったいどういうことでしょう。


投資家はマーケットが
上がったときに銘柄を買い、
マーケットが
下がったときに銘柄を売っているのです。

(ということは、)

【高くなったら買い】
【安くなったら売る】??

なんだかヘンですね。

◆「利益」を得るためには(ほんとうは)
【安くなったら買い】
【高くなったら売る】必要があります。

それなのに、
なぜ私たちは
(まるで集団行動のように)

【高くなったら買い】
【安くなったら売って】しまうのでしょうか?

(植木等さんじゃないですが)
「わかっちゃいるけど止められない」のです(笑)


それは(おそらく)
◆ あなたとあなたの投資が、
「一心同体」になっているからです。

営業マンのお話をしましょう。

Aさんはとても真面目な営業マンです。
今日も靴をすり減らして
新規顧客の開拓に励んでいます。

営業マンにとっては、
契約が取れるか取れないかがすべてです。

まさに
「天国」と「地獄」の違いがあるのです。

したがって、
どうしても人当たりがよい、

話を聞いてもらいやすそうな
見込み客のところに、
足が向きがちになってしまいます。

Aさんは自身の【直感】に頼って、
見込み客を選別してしまっているのです。


またあるいは、
相手に媚び、拝み倒すことで

(つまりは「感情」を全面に出すことで)
なんとか契約にありつこうとします。

(過去にこのようにして契約を取れた
【成功体験】があるためです)

Aさんは(どうしても)
感情戦法】で
営業活動を行ってしまうのです。

またAさんは、
商品の搬送、クレーム処理など、
営業以外の仕事も
1日の中でこなさなければなりません。

したがって、自身の営業活動を
なかなか「客観的」に見ることができないのです。


◆ Aさんと、
営業活動そのものは
まさに「一心同体」となってしまっています。

これは、
私たちがひとつの金融商品に頼って、
投資活動を行っている図とよく似ています。

(ところで)もしあなたが、
Aさんをはじめ
50名の営業マンを統括する
【営業本部長】だとしたらどうでしょうか...。

あなたは組織の長として、
営業組織【全体】を見渡します。

まずは営業マンが
「雑務」にどれだけの時間を費やし、

本業である「営業」に
どれだけ時間を傾けているか、
客観的な「数字」を得ようとするでしょう。

(「雑務」はできるだけ
他の部署にやらせて、
営業マンを「営業」に集中させるような
環境作りを行うはずです)


また、営業活動において
無駄な行動、
無駄な経費がないか徹底的に調べます。

あるいは、顧客情報、営業ノウハウを
より簡便に、より低コストで
共有するしくみ作りを行います。

そこから、組織として、
より効率的な「営業プロセス」を構築し、
ひとりひとりの営業マンが
もっと楽に契約を取れる体制作りを行うのです。

(まさに組織の【改革】ですね)


つまり、営業本部長であるあなたは、
大所高所から全体を見渡し、

【どのように組織を改編すれば、
もっと収益が上がるのかを、日夜考えるわけです】

たとえばBさんに、
「もっと売れ!このバカ」と罵言を浴びせることが
営業本部長の仕事ではありません。

「あと契約5本取ったら、ハワイ旅行だぞ」と
ニンジンをぶら下げることが
本部長の仕事ではありません。

大所高所から全体を見渡し、
適切な判断を行うことが
【あなたの仕事】
なのです。


これは、
私たちが投資を行う際にも
とても大切なイメージではないでしょうか。

◆ あなたとあなたの投資の間に
【適度な距離】を置き、
大所高所から 投資全体 を見渡せるようになること・・。

もう、ひとつの金融商品だけを
間近に見る必要はありません。

ひとつの金融商品だけに、
ハラハラどきどきする必要もありません。

◆ 運用を【面】で捉えて、
資産全体を冷めた目で見るのです。

あなたの資産運用を統括するのは、
あなたという「営業本部長」なのですよ。

似顔絵

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
9月19日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京




関連記事

| リ・バランスとは? | 10:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/739-eba7ef97

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT