FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

落語と銭湯


こんにちは、カン・チュンド です。
火曜日は久々のオフでした。

前から楽しみにしていた
上野広小路亭「立川流夜席」へ。

もちろん、お目当ては立川談笑。

お題目は「薄型テレビ算」でした。

ここで聞けるとは思っていなかったので、
ちょっと嬉しくなりました。

「薄型テレビ算」は
秋葉原の家電店へ
薄型テレビを買いに行くというお話。

これは『壷算』という落語を
アレンジしたものなのだそう。

立川談笑の声は、
だんだん師匠の談志に似てくるなあ・・。

ところで、
落語を聞きにいくと、
どうして銭湯に入りたくなるのでしょう。

秋葉原から御徒町に向かって
歩いている途中で偶然見つけた
【燕湯(つばめゆ)】さんにふらっと入ってしまいました。

壁面の絵は?
(もちろん、富士山でしたよ)


SN330116.jpg

  (風鈴が粋だね・・) ← 江戸っ子のつもり。




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 09:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/750-e0142366

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT