FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

確定拠出年金、大胆な提言


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

野村資本市場研究所の研究員、野村亜紀子氏が、
「資本市場クォータリー 2009年夏号」にて、
わが国確定拠出年金の抜本的な制度改正に向けた提言
というレポートを発表しています。

ウェブ上では現在、「要約版」しか見ることができませんが、 
大胆な提言をされています。

一例を挙げますと、

ー確定拠出年金への拠出の義務化を提言する。
事業主は厚生年金保険料の一部を、
企業型もしくは個人型確定拠出年金に拠出する。 ー

これはオーストラリア版の確定拠出年金
「スーパーアニュエーション」に近い考え方ですね。

日本で本格的に投資が普及するか否かのカギを握るのが、
この確定拠出年金です。

一刻も早く、
・マッチング拠出の解禁
・特別法人税 廃止
・(前提条件を設けての)中途引き出しの許可等を
決定してもらいたいものです。

◆ 参照記事
国が音頭を取るということ・・
(オーストラリア スーパーアニュエーション)

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
10月10日【中国株式の光と影を追う プライベートセミナー
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
10月24日【21世紀型の金融ツール 海外ETF全貌セミナー



関連記事

| 確定拠出年金(iDeCo、企業型) | 11:05 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ひろ さん

拙著をお読みいただき、ありがとうございます。
(示された配分割合ですが)
かなりリスクは高いと思います。

配分割合の決定には、
ご本人のリスク許容度を知ることが求められます。
リスク許容度には、心理的な側面、客観的な側面があります。

それから、ご収支、ご資産状況、お仕事の種類、
中長期的な資金需要等、
ひろさんの人生道程も考慮する必要があると思われます。

当オフィスは
コンサルティングを正業としているため、
責任ある回答をさせていただくためには
弊所の「有料相談サービス」をご利用いただくことになります。
(この点、ご理解のほどよろしくお願い致します・・)


| カン・チュンド | 2009/10/01 20:18 | URL |

この記事と直接関係ないコメントですみません

「忙しいビジネスマンでも続けられる ...」を読ませて頂きました。目が覚めた思いです。

今までは自分の勘と運だけに頼って個別銘柄株にを買っていました。この本を読んで、STAMインデックス投信の積立に投資方針を変更することにしました。

新興国株式 60,000円
グローバル株式 40,000円
TOPIX 20,000円

月々の積立額はこうしました。ボーナス割り増しはなしです。30代後半の独身で、生活費を除いた月々の可処分所得は20万ぐらいです。

長期で積立続けるつもりですが、それでもちょっとリスク高すぎですかね?

| ひろ | 2009/09/30 21:50 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/765-f417a1f5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT