FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リバース・モーゲージについて


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

コンサルティングを実施する中で、
お客様によっては
「リバース・モーゲージ」の利用可能性について
模索することがあります。

「リバース・モーゲージ」とは
ちょっと変わった【融資制度】です。

ふつう、融資を受けると
「借りたお金」は一括で支給されますが、
「リバース・モーゲージ」では、
「借りたお金」が毎月・定額で支給されます。

何を担保に【お金を借りるか】というと、
自宅、(特に【土地】)です。
(マンションはリバース・モーゲージの対象にはなりません)

つまり、自宅に住みながら、
その自宅を担保に継続的な融資が受けられる、
これが「リバース・モーゲージ」のウリなのです。

この毎月・定額で借りる「お金」は、
リタイア後の生活資金の一部に充てられます。

(当然ですが、)「定額」でお金を借り続けると、
【借入れ元本】と【支払い利息】は膨らみます。

毎月・定額で借りていきますから、
借入れ金利も変動します。
当然担保である【土地】の価値も、定期的に「評価」されます。

◆「リバース・モーゲージ」では、
借りたお金を途中で【返済】することはありません。

では、借りたお金をいつ返済するかというと、

融資を受けた人が死亡したとき、
あるいは、(自宅を)転居するときに、
不動産を売却することで、借入れ元本、支払い利息を含め、
【一括返済】を行うのです。

もちろん、【一括返済】を行う前に、
【融資】そのものが終了することはあります。
その場合も、「自宅に住み続けることができる」のが
        ~~~~~~~~~~~~~~~
「リバース・モーゲージ」の特徴なのです。

一方、融資を行う側の視点です。

1.貸した資金の回収に時間がかかる。
2.不動産の担保価値の評価が難しい。

(特に、融資終了時点と、
リバース・モーゲージ契約終了時点の
「タイムラグ」が大きい場合、
不動産価値の大幅な下落によって
資金回収が困難になる可能性がある・・)

などの理由で、日本では
「民間のビジネス」としてまだほとんど普及していません。
(しかし、だからこそ、今後の成長が期待されます)

ファイナンシャルプランナーの立場から申し上げると、
「リバース・モーゲージ」とは、手数料を払って、
巨大なストック資産を「フローマネー」に変換することです。

(しかし、ストックはそのまま利用し続けることができる、
という点がポイント。)

・お子さんに不動産という資産を残すつもりはない。
・セカンドライフを有意義に楽しみたい。

という方にとっては、
リタイアメントプランの「一可能性」として
「リバース・モーゲージ」の利用を
検討してみる価値があるでしょう。

(ただし、「リバース・モーゲージ」に
過度に依存することは危険であると考えます。

投資アドバイザーの立場から申し上げると、
金融資産と不動産というストック資産の
【バランス】が重要なのです・・)


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
10月18日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
11月15日【マネ缶スクール スタンダードコース in 名古屋
11月21日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京




関連記事

| 人生をプランニングする | 17:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/779-fdac11f8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT