FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

「わたしは、あなたに宛てて書いているのですよ」戦略について


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いつもこうしてブログを書きながら、
「どんな人がこれを読んでくれているのだろう?」と
思うことがあります。

(たかがブログ、されどブログです)、
あなたはおそらく「何らかの理由」を持って
読むべきブログを選んでいるはずです。

あなたが何を感じて、どういうプロセスを通じて
クリックをしている(=選択している)のか…。

あなたという潜在顧客の思い・行動を「妄想?」することも、
(わたしからすれば)立派なマーケティングです、ハイ。

教科書的な話になりますが、
マーケティングを「理論」として捉えると、
潜在顧客を分けることを
「セグメンテーション」と云います。

論理的な「セグメンテーション」としては、

・地理的区分け
(国、地域、圏、都道府県、都市、エリアなど)

・統計による区分け
(年齢、世代、家族構成、性別、所得、職業、
教育水準、宗教、社会階など)

などが挙げられます。

実は拙著【積立て投資術】(明日香出版社)
を執筆する際に、

担当編集者の藤田さんと話し合って
「30代、首都圏の男性ビジネスマン」を
メインターゲットにすることを決めました。

(後日、藤田さんには、
「弁当男子は積立て投資」という、
ターゲットがより明確になるキャッチコピーを
発案していただきました。藤田さん、感謝です…)

ところで、
わたしは今回、【積立て投資術】を書く際に
ある実験をしてみようと思ったのです。

それは、
「わたしは、あなたに宛てて書いているのですよ」戦略です(笑)
(まあ、ラブレター戦略と呼びましょう)

この本を読んでもらいたい「典型的な一読者」を、
自分なりに明確化してみました。

その人の名前は・・、建男さんです。

◆ 拙著「積立て投資術」の「ターゲット読者」
  積未 建男(つみ・たてお)さん  35歳  

東京都練馬区在住。独身。一人暮らし。
職業 SE コンピュータソフト会社勤務。

趣味はマラソン。好きな作家は東野圭吾。
お酒は付き合いで少々。性格は几帳面。
自分で料理を作るのが意外なストレス解消法。

投資は? 今のところ行っていない。
「とっつきにくい」イメージがあるため。
でも毛嫌いしているわけではない・・。
~~~~~~~~~~~~~~~

わたしは、事務所の壁に上記
「積未 建男さんのプロフィール」を貼り付け、

そして、ツミタテオさんを思い浮かべて、
ツミタテオさんに宛てて書くつもりで、
今回の本を「執筆」しました。

「ひとりの具体的なお客様」をイメージすると、
あなたが提供しているサービスや商品の意味が
具現化してくると思います。

本当にちょっとラブレターを書くときのような
「新鮮な気持ち」になれます。

弊所のセミナー、コンサルティングでも、
もっと明確に
「あなたに宛てて書いているのですよ」
というメッセージを発信していこうと思います。

(業務連絡...)

昨日【スタンダードコース in 東京】に
ご参加いただいた皆さん、
ありがとうございました!

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
11月15日【マネ缶スクール スタンダードコース in 名古屋
11月21日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京




関連記事

| 抱負・個人的に思うこと | 10:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/788-33da9c26

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT