FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

いつまでも変わらない黄金の組み合わせ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

先日は日経新聞の方と取材&懇談。
主に「分散投資の有効性」についてお話し合いしました。

わたしは記者の方にこう云います。
「2002年、2003年と
お客様のポートフォリオを拝見する中で、
分散投資の有効性を実感しました」

株式が下落すると、債券が上昇し、
結果、(株式と債券を内包した)
ポートフォリオの振れ幅が小さくなる。

これが「分散投資の効用」です。
(もちろん逆のパターンもあります)

しかし、今から振り返ってみると、
2002年、2003年の「分散投資」は、
その成果が過大評価されていたことがわかります。

なぜなら、
円が(他の通貨に対して)安くなっていたからです。

つまり、
株式⇒下落
債券⇒上昇
為替⇒円安 が起こったために、

円建てベースで見た「海外債券ファンド」の価格は、
「債券価格の上昇」+「円安」という要因で
その実力以上に上昇していたのです。

では、今回のグローバル金融危機では
どうだったのでしょうか。

2008年9月、10月のマーケットは
株式、債券ともその価格が大きく下がり、
分散投資の効果は限りなくゼロに近づきました。

「すべて共倒れの状態だったのです。」

しかしながら
数ヶ月程度の間に起こったことは
あくまで【短期の現象】です。

短い、一時的な現象を捉えて、
「やはり、分散投資には意味がない」
と結論付けるのはおかしな話だと思いませんか。

◆ ビジネスの現場でも同じだと思いますが、
「短期的な現象から、
長期の判断をしてしまわないこと」はたいへん重要です。

なぜなら、
【短期で起こっていること】と
【長期的な傾向】は別物だからです。

さて、
グローバル金融危機以後の「分散投資」は、
その成果が過小評価されているとわたしは思います。

なぜなら、
円が(他の通貨に対して)高くなったからです。

つまり、
株式⇒下落
債券⇒上昇
為替⇒円高 が起こったために、

円建てベースで見た「海外債券ファンド」の価格は、
債券そのものの価格が上昇したわりに、
上がっていません。

グローバル金融危機発生後、
各国政府は一斉に「金融緩和」に踏み切り、
大胆な景気刺激策を実行しました。

2008年9月から2009年2月にかけ、
先進国の国債価格は軒並み上昇します。
(金利が下がると、債券の価格が上がるという構図です)

株式⇒下落
債券⇒上昇 という「現象」は確かに発生したのですが、
今回はその効果が
見えにくくなっているのです。

「為替の動きに左右されるようじゃ、
分散投資の効果も大して期待できないじゃないか」と
あなたは思われるかもしれません。

しかし、
目を【長期的な傾向】に転じてみてください。

債券の価格は(株式に比べると微々たるものですが)
長期で見れば緩やかに上昇しています。
(緩やかな「右肩上がり」です)

それに対して、為替の変動というものは、
長期スパンで見ると「レンジの中でのアップダウン」です。

つまり、
短期的には、為替の変動(リスク)が、
債券そのものの収益(リターン)の大きさを
上回ることがあっても、

長期のスパンで見ると、
為替の変動(リスク)を上回って
債券のリターンが得られる可能性が高いのではないでしょうか。

◆ ここで言及している債券とは、
日本以外の先進諸国の「債券」のことです。
また為替とは、
円と先進諸国の「通貨」のことを指しています。

これほど世の中が急速に変化し、
未来が読めない時代状況となっている中で、
真に【相性がよい資産】を見極めることは
難しくなっています。

しかし、
お金の貸し借りの「証書」である債券と、
お金を出資した「証書」である株式の、

【根本的な性質の違い】は、
どんな時代になっても変わることはないと考えます。

つまり、ベーシックに帰るのですが、
分散投資の黄金律は、「株式」と「債券」なのです。

それは、クラシック映画の「主役」と「脇役」という
組み合わせのように、
ひとつのユニットとして存在するのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
11月15日【マネ缶スクール スタンダードコース in 名古屋
11月21日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京




関連記事

| ポートフォリオ運用 | 10:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

新興国債券

カン様
ご教示有難うございました。かつて1ドルが360円だったのが80円になったように、新興国(特に、中国やインド)も切り上がるに違いないと思い、若干(全体の5%くらい)を新興国債権で保有しています。そのリスクは新興国株式でとるべきということなのですね。

ベトナムはお楽しみください。美味しいベトナム料理も美しいアオザイ姿の女性もいいですよね!

| 目には鱗 | 2009/10/26 00:26 | URL | ≫ EDIT

Re: 分散投資と新興国債権

目には鱗さん、こんにちは。
当オフィスの考え方を以下の記事にまとめています。
ご参照ください。

・新興国債券をお勧めしない理由 その1)
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-731.html
・新興国債券をお勧めしない理由 その2)
http://tohshi.blog61.fc2.com/blog-entry-733.html

| カン・チュンド | 2009/10/25 09:50 | URL |

分散投資と新興国債権

カンさま
初めまして。カンさんのブログのどこかで新興国債権にはネガティブなことを書いていらっしゃったと思いました。
色々なものに分散させることに意味があるとすれば、新興国債権のインデックスファンドかETFはそれなりに意味があるのかなあと思いますが、いかがでしょうか?

| 目には鱗 | 2009/10/24 22:48 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/794-bd374f8b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT