FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベトナム 二章


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

たしかにベトナムという国には
文明の利器であるインフラが多数存在します。

しかし、ひとつの国が発展していくうえで、
モノとヒトと、どちらが大切なのでしょうか?
(もちろん「ヒト」です)

1945年、
太平洋戦争が終わったときの日本を思い出してください。
(多くのモノは破壊され、なくなってしまいました)

それでも日本は、
ヒトというポテンシャル(潜在可能性)のおかげで、
高度経済成長を成し遂げることができました。

ヒトというポテンシャルがある限り、
国の発展は可能なのです。
(モノは輸入可能ですが、
ヒトはそういうわけにはいきません・・)

ちょうど3年前に北京に行ったとき、
西単というところの百貨店(庶民的な百貨店です)
に入ったのですが、

販売員の人が
「どうぞ。これはいかがですか」というような
声を掛けてきたことにびっくりしたのを覚えています。
(↑ 押し付け的ではない【営業】をちゃんとやっていた!)

ベトナムでは(わたしの個人的な印象ですが)
販売員の方にあまり「やる気」がありませんでした。

街中のお店でも、免税店でも
雑貨屋さんでも、
働いている人に「愛想」というものがありません。

ぺちゃくちゃ従業員同士で
おしゃべりをしています。

基本的に、
「なに? あなたが望むなら売ってあげてもいいわよ」
的な態度が見えてしまうのです。

サービスに対する意識は
(中国と比べると)10年、15年以上遅れていると思いますし、
たとえば、90年代に行ったタイに比べても
ホスピタリティー(おもてなしの心)が欠けていると
わたしは感じました。

それにはふたつの理由があると思います。
ひとつは、ベトナムが紛れもなく
「共産主義の国」である、ということ。

共産主義では、
よりよいサービスを行って多くの利潤を得る、
という発想がそもそもありません。

もちろん、現在のベトナムは
市場主義経済を受け入れていますが、それでも
「がんばっても、がんばらなくても一緒。」
という慣習の蓄積は、
いたるところに見受けられます。

もうひとつはベトナム人の気質です。

(これは歴史的には「中国」の影響かもしれませんが)
他人にやたらと笑顔など見せてはいけない、
内(自分の家族)と外(社会)はまったく違う世界である、
というカルチャーが存在するのだと思います。

(そして、ベトナム人はプライドが高い民族でもあります)

ひと言でいうと、
文明の利器(ハード)は溢れているが、
それを使いこなす人という(ソフト)が
まだまだ追いついていない、という印象を受けました。

追記)

ホーチミンでは見聞を広めるために?
バーにも行ったのですが、
「もう少し愛想よくしてくれたらもう一杯ビールを頼むのに...」
という場面に遭遇したりもしました。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
11月15日【マネ缶スクール スタンダードコース in 名古屋
11月21日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
12月23日【マネ缶スクール スタンダードコース in 大阪




関連記事

| 2009年 ベトナム奇譚 | 09:17 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメント、ありがとうございます。

ふるぴょんさん
> それにしても、ロッテリアには驚きました(-o-;)

そうなんです。
それとケンタッキー、ピザハットも多かったです。

いそかいりんさん
> 若い世代が多いのは魅力かなと思います。

そうですね。
これから膨大な「購買層」が育っていくということですから。

> トークもさらに魅力的でお顔も若々しく(輝いてましたよ
ありがとうございます。
最近、髪が薄くなって困っているのですが....。

セゾン投信もバンガードも、
まっとうなことを言っているまっとうな会社です。

こういう会社が金融サービス業界に増えることを切に望みます。

| カン・チュンド | 2009/11/02 12:06 | URL |

ベトナム&セミナー@大阪

私は1991年に初めてベトナムを訪問し、2007年に17年ぶりに再訪しました。
特にハノイの変化には驚きました。観光客なんていなかったですから・・・
若い世代が多いのは魅力かなと思います。

話は変わりますが・・・
昨日10/31に大阪で開催されたバンガード&セゾン投信主催
「コストと時間を節約する積立て投資術」セミナー
に参加させていただきました。
昨年のカンさんのETFセミナー以来でしたが、
トークもさらに魅力的でお顔も若々しく(輝いてましたよv-20)なられた気がしました。
バンガードの加藤社長やセゾン投信の中野社長など経営者のお考えを聞くことができ、
勉強になりましたし、なんて言うか身近に感じることができて良かったです。
仕事が忙しかったので迷っていたのですが、参加してよかったです。
カンさん、バンガード&セゾン投信さん、ありがとうございました。
初コメントの浪速乙女?より

| いそかいりん | 2009/11/01 18:38 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/798-afc9dfe0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT