FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

お金に対するアンビバレントな感情の正体とは?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

実は、わたしは学生の頃、
「図書館司書」になりたかったのです。

それがなんの因果か、
20代は不動産の仕事に携わり、
30代以降は、資産運用の仕事をしています。

19、20歳のころは、
不動産とか株に手を染めている人は
「人間のクズ」だと思っていました。
(まあ、なんと極端な…)

「自分は絶対あんなことをしてまで
お金儲けはしたくない」と思っていたのです。

(物事を知らない無垢な若者は、↑
物事を単純化して、自身をヒーローにしたがるものです)

図書という、
保守的で文化の薫りただよう仕事をしていると、
【金融】に携わる仕事は、
どんなふうに映るのでしょうか。

やはり、自分とは違う世界のことで、
でも、どこか「羨ましく」、
かつどこか「侮る」気持ちも湧いてしまうのでしょうか。

人が「本」と付き合ってきた年数に比べて、
「金融」との付き合いはとても短いものです。

そこに、「羨ましさ」「妬ましさ」という、
アンビバレントな感情が湧いてしまうのは
ある意味、仕方がないことだと思います。

(話題は変わりますが)
わたしは自分のことを
「移民の子孫」だと思っています(在日コリアン三世)

(したがって「ゴッドファーザーパート2」の
最初の15分を観ると、いつもうるうるきてしまいます。)

だいたい自分の国でご飯が食べられないから
(わたしのおじいちゃんは)海を渡ってきたわけで、
わたしの遠い祖先は
貧しい小作農だったに違いありません。

皆さんはどうですか?
四代、五代前は、みんなどこかの村で
農民をやっていたのではないでしょうか。

◆ 私たちはもともと皆「貧しかったのです」

長期の時間スパンの中で考えると、
明日のご飯のことを気にしなくてよくなったのは、
つい「最近のこと」です。

したがって、私たちはお金というものに、
お金を持つということに、【まだ慣れていない】のです。

(なのでお金を警戒する、あるいはお金に怯える、
あるいはお金との接触を避けるという反応が出てしまう…)

急に成り上がり、
大金持ちになった人に対して抱く
「羨ましく、かつ侮る」ような気持ちは、
私たちが貧しかったころのDNA的反応なのです。

【資産】というものがもっと身近になれば、
―これは、より多くの人が豊かになり、
かつそれなりの時間が経過すれば、という意味ですがー

私たちはお金に対して、もっと
「落ち着いた対応」ができるようになるでしょう。

今、ウクライナの起業家が1億ドルを手にして、
それを【有効に使い切る】のは至難の技です。

イタリアあたりの貴族の末裔ですら、
1億ドルを【意味のあることに使う】のは、
とても難しいことです。

私たちはまだ、
お金というものの可能性について
十分理解していませんし、
それは学問的にいうなら、
まだ開拓され始めたばかりの分野なのです。

◆ 参照記事
お金持ちになった後のことを、考えてみてください

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
11月21日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
12月23日【マネ缶スクール スタンダードコース in 大阪



関連記事

| ヒトは1万年前からお金と付き合ってきた | 12:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/803-049e7584

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT