PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

為替リスクは魔のリスクなのか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

連想ゲームではないですが、
「為替」と聞くと、

とても大きなリスクを内包していて、
どう転ぶかわからない、
「危険だよなあ」というイメージを持つ人が
多いのではないでしょうか。

【コンサルティング専科】の中でも、
「為替リスク」が目の上のたんこぶとなり、
なかなか「世界を中心に投資を行うこと」が
出来ない方がおられます。

端的に言いますと、
◆ 【為替】とはリスクであり、
またリターンの源泉でもあります。

海外株式、海外債券に投資を行う場合、
そのリターンは、

【資産そのものから生み出されるリターン】

【為替の変化によるリターン】
という「2本立て」になります。

「2本立て」ですから、
為替の変化によって、
リターンが膨らむこともあれば、逆に
リターンが縮んでしまうこともあるわけです。

よい方に目が出たら、プラス。
悪い方に目が出たら、マイナス。
(それ以上でもそれ以下でもありません..)

私たちが為替に対して過剰に反応してしまうのは、
(おそらく)資産の価値を「円建て」で見るからでしょう。

(誤解のないように申しますと、)
資産の価値を「円建て」で見ることが、
悪いわけではありません。

資産というものは、
どのみちどこかの国の「通貨建て」で見ないと
(そもそも)その価値が分かりません…。

なぜ、「円建て」で見るかというと、
私たちは日本で暮らしていくからです。

(今から18年後から、
ハワイにロングステイし始めるという方は、
資産そのものを
「ドル建て」ベースで評価しても構わないわけです)

一応の決まりごととして
「円建て」で資産を評価すると、
為替の変動(リスク)を直に感じてしまいます。

特に昨今はそうですね。

ドルが円に対して「安く」なっていますから、
ドル建て資産を円に戻すと、
なんだか損をしたような、
お金がすごく減ってしまったような気になります。

このまま「円高」が続いたらどうしよう?
1ドル60円くらいになったらどうしよう?
と心配になってしまいます。

しかし(ここ、重要なのですが)
なにも、外貨建て資産の価値そのものが
減ってしまっているわけではないのです。


たとえば、この1年ほど、
先進国の国債の価格は上昇しています。

しかし、円が多くの通貨に対してたまたま
「高く」なったために、
為替の含み損が、
債券価格が上昇した分を相殺してしまい、

たとえば
海外債券インデックス・ファンドの価格としては、
上昇していないわけです。

【資産そのもののリターン】プラス
【為替の変化によるリターン】マイナス
の「パターン」ですね。

たとえば、
2002年から2003年にかけても、
株式市場は大きく下落しました。

そのときも
同じように債券の価格が上昇したのですが、
当時はたまたま
円が多くの通貨に対して「安く」なっていたために、

【資産そのもののリターン】プラス
【為替の変化によるリターン】プラス
の「パターン」となりました。

為替というものは、
10年、20年の時間スパンで見ると、
「ある一定のレンジ内」で上下しますから、

【資産そのもののリターン】が長期的にみて
プラスになると確信できれば、
為替の変動については
過度に心配する必要はないのです。

また、
私たちは「為替リスク」をイメージするときに、
どうしても、円とドル という、
ひとつのパターン(一本の線)を連想しがちです。

しかし、
為替の世界は「線」ではありません。
実際、為替レートには、
通貨の数を何倍も上回る「パターン」が存在するわけです。

円とドル、ドルとユーロ、レアルとポンド、
台湾ドルと人民元、ユーロとリラ etc…

為替レートひとつひとつが、
一本の線とすると、
何百本もの線が集まり「面」の世界を織り成しているのが、
「為替のマーケット」なのです。

(文字通り「複雑怪奇な世界」です)

私たちはどうしても「米ドル」に関心を奪われますが、
たとえば、

海外債券インデックス・ファンドに投資を行うことは、
「米ドル資産」も「ユーロ資産」も「ポンド資産」も
「豪ドル資産」も保有する、ということです。

これらすべての通貨に対して
円が「高い」状態である、ということが稀有ですし、

―実際、ここ数ヶ月は、
円はドルに対しては「強い」ですが、
豪ドルに対しては「弱く」なっています。-

これらすべての通貨に対して
円が「高い」状態であり続ける、ということは
もっと非現実的であると考えます。

今仮に、
「円高・ドル安」となっており、
また「円安・ユーロ高」で、「円安・ポンド高」になっている、
そして、豪ドルは円に対して安くなってきているとしましょう。

海外債券インデックス・ファンドを保有するあなたにとっては、
【複数の通貨建て資産】を保有し続けることで
ひとつの通貨に対する為替損、為替差益というものは、
ある程度「相殺」できると考えてよいのではないでしょうか。

それに、
2018年の6ヶ月間、仮に
すべての通貨に対して「超円高」になったからといって、

あなたは保有する
海外債券インデックス・ファンドを
売却してしまうわけではありません。
ずっと保有し続けるわけです。

そして(ここがポイントなのですが)
最終的にファンドを解約する際も、

2028年の11月20日に全額解約する、
(言い方を換えると、たった1日で全額の
為替リスクを実現させる)なんてことも、
おそらく「しない」はずです。

セカンドライフの中で、
海外債券インデックス・ファンドを解約する際は、
何年も、何十年もかけて
「少しずつ」現金化していくはずですね。

つまり、外貨を円に戻す「時期」も、
広く分散されているのです。

今日の教訓)

私たちは為替の変動のしかたを予め知りませんが、
為替は「変動するのだ」ということは知っています。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
12月23日【マネ缶スクール スタンダードコース in 大阪
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/816-abfebffe

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT