FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

正解を求めるのではなく、間違いを避ければよいのです


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「資産配分は、こうしないといけない・・」
あなたは無意識にそう思っていませんか?

残念ながら、
資産配分に唯一無二の【正解】はありません。

有効フロンティアを求め、
相関係数がこうなので、
リスクの大きさ(標準偏差)が19%になっているので、
このようなアセットアロケーションがベストであるはず。

フム。
たしかに上記のような指標は重要ですが、
これらは過去の結果リターンをもとに導き出された
「データ」にすぎません。

投資の成果はどこに存在するのでしょうか?
それは「不確実な未来」の出来事の中にあります。

「未来」に起こることは、
「過去」に起こったこととは別物です。
(そう、未来は誰にも分からないのです)

そうであるなら、
無理して【正解】を求めるより、

「これだけは避けたほうがよい」という、
最低限【やってはいけないこと】を知っておくことが肝要です。

・ひとつの資産に偏ること。
・ひとつの通貨に頼ること。
・ひとつの国、ひとつの地域に偏ること。

・過大なリスクを取ること。
・直近の出来事で中長期的な配分を決定すること
 などを避ければよいのです。

たとえば、株式という資産を配分する際も、
細かな情報・知識はちょっと脇に置いておいて、
次のようにシンプルにイメージしてみてください。

空から雨が降っています。
この雨こそが、
あなたにとっての恵み(リターン)です。

しかし、雨はいつ降るか分かりません。
どこに降るかも分かりません。

雨という恵み(リターン)を得るためには、
バケツを置いてそれを受け止めるしかありません。

では、あなたは
世界の何処にバケツを置きますか?

たとえば、
タイという国だけにバケツを置く人がいるでしょうか?
(タイ人の人でもそうはしないでしょう)

雨はいつ降るか分かりませんし、
どこで降るかも分からないのです。

◆ そうであるなら、
世界のできるだけ広い地域に、
たくさんバケツを置いたほうがいいですね。

幸い、資産運用においては、
複数の地域にどれだけたくさんバケツを置いても
超過料金を取られることはありません。

また、空から雨という恵みを降らす
「人の活動」= 経済は、

あなたが日本人なのか、タイ人なのか、
ロシアに住む人か、レバノン国籍を持つ人か、
そんなことは一切気にしていません。

雨はただ、降るときには降り、
降らないときには降らないのです。

ご隠居さんになると、
段々「我」がなくなるといいます。

「これをしなきゃ」
「それはこうであるべき」という
should, must がなくなり、

物事のあるがまま、
自然の理を受け入れようとします。

Let it be になるのですね。

資産配分も同じように捉えてください。
世界を中心に投資を行えば、
空からの恵みを
一様に受け取ることができるのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
12月23日【マネ缶スクール スタンダードコース in 大阪
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京



関連記事

| ポートフォリオ運用 | 12:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/828-f59c5e1f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT