FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

開いた口が塞がらない?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

3本の通貨ETFを運用していた野村アセットマネジメントは、
大阪証券取引所に対して上場廃止申請を行った模様です。

2008年の9月に運用を開始して以来1年余り。
「やっぱり..」というべきでしょうか。

【おさらい】
ETF最大のリスクは「上場廃止」です。
したがって、売買高が極端に少なく、
純資産額が減少しているようなETFは避けるべきです。

米国ではじめてETFが登場したのが1993年。
その後、飛躍的なETFマーケットの拡大があり、
アメリカではじめて通貨ETFが登場したのが
2005年の12月です(それも「ユーロ」通貨でした)

その後、2006年になって、
英ポンド、日本円、豪ドル、スイスフランなどの
7通貨が加わったのです。
上記、通貨ETFの運用会社「CurrencyShares

ETFマーケットの萌芽期である日本において、
通貨、それも新興国通貨のETFを立ち上げたことは
やはり「順番が間違っていた」と言わざるを得ません。

果たして、
「失敗は成功の母」となるのでしょうか..。
(今後の推移を見守りたいと思います)

なお、ETFが組み入れている指標連動有価証券は
2010年2月上旬をもって
対象指標に対する連動を停止するとのこと。

(下記、PDFファイルには
上場廃止予定の具体的な日付は載っていない。
まだ上場廃止が大証で決定されていないからでしょう..)

リリース PDFファイル)
NEXT FUNDS インド通貨ルピー連動型上場投信の
上場廃止申請決議に係るお知らせ
 
NEXT FUNDS ブラジル通貨レアル連動型上場投信の
上場廃止申請決議に係るお知らせ

NEXT FUNDS ロシア通貨ルーブル連動型上場投信の
上場廃止申請決議に係るお知らせ


◆ 参照記事
拝啓 野村アセットマネジメントさま

*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
12月23日【マネ缶スクール スタンダードコース in 大阪
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| ETFのお勉強 | 19:28 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

久 さん

ありがとうございます。
ETF自体がまだまだ発展途上のツールで、
今後さまざまな面で改良されていくと思いますよ。


| カン・チュンド | 2009/12/20 12:11 | URL |

No title

今晩は、週間ダイヤモンドの記事、読みましたよ。マネーの缶詰卒業生として、大変嬉しいです。思えばインターネットで、海外ETFと検索して当時、もっとも詳しかったのがカンさんのブログでした。先見の明のすばらしさを感じます。

| 久 | 2009/12/19 22:35 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/843-d482482a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT