FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

投資信託はどうやって今の「カタチ」になったのか その1)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

(もちろん、)
今の投資信託の形が完成形であるとは言いません。
しかし、投資信託はこれまで
さまざまな変遷を経て、今のカタチに落ち着いてきたわけです。

ちょっと不思議に思われるかもしれませんが、
1900年代初頭のころは、
株式市場に上場するタイプの投資信託、
「クローズド・エンド・ファンド」が主流でした。

「クローズド・エンド・ファンド」とは、
シンプルに言いますと、
市場に上場した【アクティブ・ファンド】です。

たとえば(一例として挙げますが、)
「AAクローズド・エンド・ファンド」は

ファンドが運用を開始する際に、
期間を区切って【口数】の募集を行います。
(ファンドの売り出しを行うわけです)

期限が来れば、それ以上の募集は一切なし。
(つまり、あらかじめ【総口数】が決まっていたのです)

その後、「AAクローズド・エンド・ファンド」を
売りたい人、買いたい人は、
株式市場を通じて取引することになります。

当時はまだ「ファンドを運用する会社」が
「ファンドの資産も管理する」カタチが主流であり、
そこには、人間の本性が試される機会がありました。

たとえば、
あなたとわたしが「BBクローズド・エンド・ファンド」を
運用しているとしましょう。

ファンド内にはたくさんの資金が存在します。
数えてみると30億円になっていました。

そこでわたしの中の悪魔があなたに囁くのです。
「あのー、500万円くらい僕たちが使っても
わからないんじゃない?」

(そう、人間とは弱い生き物なのです)

実際、アメリカでは
運用会社が【ファンド資産を使い込む】不祥事が
何度も起こりました。

(上記の反省を胸に、後年
【ファンドを運用する会社】と【ファンド資産を預かる会社】を
分別することが徹底されたのです)

さらに当時の「クローズド・エンド・ファンド」は、
多額の借金をして元手を増やし運用を行うことが可能でした。
(それだけハイリスクの運用になりますね)

また、「クローズド・エンド・ファンド」の最大の売り手、
(つまり、販売会社は)銀行がメインだったのです。

ところで、
当時の「クローズド・エンド・ファンド」の最大の問題点は、
ファンドの【正味価値】と、
ファンドの【取引価格】が
しばしば乖離してしまうことでした。

たとえば、
「BBクローズド・エンド・ファンド」の本当の価値
(正味価値)は、

「BBクローズド・エンド・ファンド」が組み入れている
株式の値段を合計し、
それを口数で割れば算出できるはずです。
(現金などは持っていないと仮定。)

ところが、
「BBクローズド・エンド・ファンド」は
市場に上場しているひとつの銘柄でもあるため、

【取引価格】がしばしば高くなりすぎたり、
安くなりすぎたりしていたのです。
(↑ 投資家にとっては、果たして自分が適正な価格で
ファンドを買っているか分かりにくい状況ですね)

そんな折も折、
繁栄を謳歌してきたアメリカ経済に
突如嵐が吹き荒れます。

1929年10月24日、株式市場の大暴落が起こったのです。
(「暗黒の木曜日」です)

当時上場していた「クローズド・エンド・ファンド」は、
多額の借金をして運用を行っていたため、
また、ファンドの【正味価値】に比べ、
ファンドの【取引価格】が高騰していたために、

いったん株式市場の暴落が起こると、
坂道を転げ落ちるようにその価格が急落し、
制御が効かなくなってしまいます。

この大恐慌を教訓に、
アメリカではファンドの【正味価値】のみをファンドの価格とする
「オープン・エンド・ファンド」が台頭してくるのです。


*********************
933n長期的なリターンを求めるなら、
未曾有の金融危機は【チャンス】です。   
────────────────────
マネーを学べば世の中の見方が変わります。
                 晋陽FPオフィス
*********************
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| 投資信託をディープに理解する | 11:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/848-837708d5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT