FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

未来は「真っ白な画用紙」です 2010


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

新年、明けましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

いやあ、
一月一日からブログを書くと気持ちがよいものです(笑)

年初にあたり、
私たちの前には道がないことを再確認したいと思います。

道がない?

はい、
未来とはほんらい「真っ白な画用紙」であるはず。

明日という空間には何も存在せず、
明日とは、私たちが自分の手と足で
切り開いていくべきものです。

わたし自身、
この10年間で心に感じてきた
投資を行うことの意味について、
今一度、書き留めておきたいと思います。

◆ 投資とは、未来を形作る行為 です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

東京の町を歩いていると
「過去」に思いを馳せることになります。

たとえば、神田川はその昔、平川と呼ばれ、
今よりずっと皇居寄りに流れていたそうです。

しかし、室町時代あたりから、
治水のため、また江戸の町を広げるために、
神田川は何度もその「流路」が変更されます。

こんなふうに..】(←クリックしてみてください)
江戸の町と神田川
この「地図」は↑たいへんわかりやすいです。
(川の流れが ずいぶん東に移動しています)

上記の地図を見て「へえ~、そうなんだ」と
頷くのは簡単ですが、
工事そのものは困難を極めるものだったと思います。

◆ 川の流れを変えることは、
江戸の町の【未来】にとって、
大きな【投資】であったはずです。

しかし、当時の土木技術では、
ほんとうにうまくいく保証もありません。

あなたが、
あなた自身の【未来】のために、
あなたの生活の「流れ」を変えようとすることも、
これまた【投資】です。

(あなたの10万円を活かそうとすることも、
江戸の町を切り開くことも、
その本質は【同じ】なのです)

「未来を形作る行為ですから。」

室町時代、神田川を隅田川に合流させた
太田道灌は、
550年後の「東京の姿」など、
おそらく想像だにしていなかったでしょう。

しかし、
太田道灌はじめ当時の人々が行った【投資】と、
2009年を生きる東京都民の【生活】は
たしかに【つながって】いるのです。

そして、肝心なことは、
私たちはそれら【投資】の結果のうえに
「生かされている」ということ。

言うまでもなく、あなたの【投資】は、
あなたのお金を殖やすために存在します。

しかし、副次的な作用として、
あなたの【投資】は、社会にも貢献します。
??

あなたは、
個別の会社の「株式」や、
投資信託やETFに投資を行っていますね。

この、個別株、
あるいは投資信託やETFは、
【株式】という資産を内包しています。

あなたが、
殖えるか減るか確定していない【リスクマネー】を
【株式】という資産に託すことには、
<大きな意味> があるのです。

なぜなら、この世の中は、
・殖えるか減るかが確定していない【リスクマネー】と、
・利益を求めて付加価値を生み出そうとする【株式会社】で、
成り立っているからです。

神田川の土木工事に限らず、
私たちの祖先は、
うまくいくかどうかわからない事業に
多くの【リスクマネー】を供給してきました。

私たちの祖先は、
“リスクマネー”という形で社会に活力を与え、
より豊かになろうと懸命に努力してきたのです。

(このような「チャレンジ精神」があったからこそ、
私たちの社会はこれほどまでに【豊か】になりました)

そして大切なことは、あなたもわたしも、
そのような「未来を形作る行為」に魅力を感じている
ということ。

なぜだかわかりますか?
私たちは、何代、何十代にもわたって続いてきた
投資を行うスピリットを、
DNAとして受け継いでいるからです。

今年はよくなって欲しい
今年はなんとかして欲しい、ではなく、
今年はよくする、のです。

一度しかない人生。
自分自身に投資を行いましょう。

*********************
933n 運用の女神からの意外な贈り物。
   それがインデックス投資です。
─────────────────────────
               晋陽FPオフィス
*********************
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 08:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/853-ea356f08

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT