FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自分の中だけで囲いを作って満足していませんか?


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

私たちはうなぎの産卵について知りませんが、
それと同じようにお金について知りません。
正確にいうと、
お金という生き物の「活かし方」について知りません。

それはそうですね、
私たちはそもそもお金という生き物の生態を
じっくり観察しようとしてこなかったわけですから。

お金と正面切って向き合わず、我がの安心のために
ただ闇雲に「預金」しておくことで、
私たちはこれまでお金との付き合いを済ませてきました。

もちろん、お金のことは日々扱っているのですが、
お金のことを「分かろう」とは思ってこなかったのです。

(ここ、重要なのですが、
お金という生き物の習性をわかったうえで
「預金」しておくのと、

ただ、条件反射のように「預金」しておくのとでは
まったく意味合いが異なります)

この世の中に出回っているお金は、
日本、外国、分け隔てなく
縦横無尽に動き回ります。

あるときは商品の決済代金として。
あるときは「儲けたい」という人の思いの媒体として。

私たちはよく「わたしのお金」という言い方をしますが、
(実は)お金には二面性があるのです。

・個人が所有していると自覚する【内のお金】
・世の中に出回っている【外のお金】

では、【内のお金】と【外のお金】は
そもそも明確に区別できるものなのでしょうか。
(ここは頭の中を真っ白にして考えてみましょう)

そもそも、【内なるお金】になる前のお金は、
すべて【外のお金】であったはずです。

お金とは、
世の中に出回っている「外のお金」がほとんどすべてであり、
その一部として、「内のお金」が、
しかも、かりそめの姿として存在する、

という認識が正しいのではないでしょうか。

あなたがBOSEのスピーカーを購入し、
2万円を支払った瞬間に、
あなたの【内なるお金】は【外のお金】になります。

また、わたしがコンサルティング専科で
コンサルティングサービスを提供し、
1万6千円を受け取った時点で、
(わたしにとっては)
【外のお金】が【内なるお金】になります。

経済活動とは、
【内なるお金】と【外のお金】の交換の集積なのです。

もしわたしが、
【内なるお金】を頑なに
【内なるお金】のままで置いておこうとすれば、

それは大きな広場の中で囲いを作って、
自分だけの世界に閉じこもっているようなものです。
(少し滑稽ですね)

昔から、お金を得ようと思ったら、
お金を遣えと言われますが、

【内なるお金】→【外のお金】
【外のお金】→【内なるお金】
という交換をたくさんしている人に、
お金は寄ってくるのではないでしょうか。

お金という生き物の生態は、
文字通り【動くこと】であり、
そのお金の性格を知ることが、
資産運用で長けることの条件であるとわたしは思います。

わたしのお金ですか?
わたしのお金はほとんどすべて【外のお金】の状態であり、
ほんの少し、たまーに【内なるお金】として
わたしのもとに帰ってくるのです。

(それがわたしにとってのお金の定義です)

*********************
933n 運用の女神からの意外な贈り物。
   それがインデックス投資です。
─────────────────────────
               晋陽FPオフィス
*********************
1月17日【マネ缶スクール アドバンスコース in 名古屋
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 08:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/856-5f456cfb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT