FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

シンガポールはETFの重複上場で、アジアのハブを狙っています


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ついこの間まで、シンガポール交易所に上場するETFは
10数本程度でした。

ところが、
しばらく見ないうちに49本に増えているではありませんか。
 【シンガポール交易所におけるETF上場銘柄
 (List of ETFs をクリックしてください)
 
もともとシンガポールに上場しているオリジナルのETFは、
・DBS シンガポールSTI ETF
・CIMB FTSE アセアン40 ETF など数えるほどです。

49本のうち、
ほとんどのETFは「重複上場型」のETFなのです。

「重複上場型って?」

海外に上場するETFを自国の証券取引所にも上場させ、
国内ETFとして売買すること。

49本のETFの内訳を見ると、
ドイツ銀行、リクソーの躍進が目覚しいことが分かります。

(ドイツ銀行は db x-trackers シリーズとして。
リクソーは Lyxor と表示されています。
どちらも欧州のETF運用会社です)

この両社が多くの「重複上場型ETF」を
シンガポール交易所に上場させているのです。

(裏を返せば、)シンガポール交易所が
広く門戸を開けて、両社にアプローチを行ったということ。

ETFの品揃えは本数で競われるものではありません。
その「多様性」によって評価されるべきです。

シンガポールに上場するETFは、
投資家の幅広いニーズに答えようとしています。

アジア、アメリカを中心とした国別ETFをはじめ、
欧州、ラテンアメリカ、エマージング諸国、
アジア各地域の広域ETFを取り揃えています。

(もちろん、金ETF、商品ETFもあります。
弱いのは債券ETFくらいでしょうか..)
わたしはシンガポール交易所の戦略が正しいと考えます。

自前主義にこだわらず、
すでに商品が認知され、海外市場での実績があるETFを
自国のマーケットにも上場させる。

実は「重複上場型」こそが、
国内ETFを活性化させる「切り札」ではないでしょうか。

日本の証券取引所は、
法制、実務の両面で
海外ETFの重複上場に対するハードルを下げ、
もっと積極的に誘致を行うべきだと思います。

そんなことを思いながら
香港交易所のサイトを見ると、
ETFの上場本数」が・・、90本になっています。

◆ 参照記事
世界のETFはサービス拡充期に
(ドイツ銀行がアジアでETFビジネスを拡大中)

*********************
933n 運用の女神からの意外な贈り物、
   それがインデックス投資です。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
3月6日【マネ缶スクール ファンド特化コース in 東京
3月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 大阪



関連記事

| インデックス投資全般 | 09:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 90本ですか

乙川さん、コメントありがとうございます。

> 90本になっています。
> とありますが、これは、販売会社の扱っている ETF をすべて合計した数ではないでしょうか。
> 正しくは93になります。

上記、失礼致しました。

> しかし、ticker が異なるものを数えてみると、43になります。

貴重な情報、ありがとうございます!



> 香港交易所のサイトを見ると、
> 「ETFの上場本数」が・・、90本になっています。
>
> とありますが、これは、販売会社の扱っている ETF をすべて合計した数ではないでしょうか。
> 正しくは93になります。
> しかし、ticker が異なるものを数えてみると、43になります。
> 香港で買えるものは43種類ということですね。

| カン・チュンド (姜 忠道) | 2010/01/15 14:32 | URL |

90本ですか

香港交易所のサイトを見ると、
「ETFの上場本数」が・・、90本になっています。

とありますが、これは、販売会社の扱っている ETF をすべて合計した数ではないでしょうか。
正しくは93になります。
しかし、ticker が異なるものを数えてみると、43になります。
香港で買えるものは43種類ということですね。

| 乙川乙彦 | 2010/01/15 14:20 | URL | ≫ EDIT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/866-289b8dee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT