FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

世界のETF純資産残高が1兆ドルに


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「とうとう来たか、」という意味では感慨深いです。

世界最大のETF運用会社ブラックロックが発表したレポート、
【ETF Landscape Year End 2009 preview】によりますと、
2009年末で、
世界のETF純資産残高が1兆ドルを超えたとのこと。

イギリスのi シェアーズサイト、
こちら】のリリースからどうぞ(注 PDFファイルです)

リリースによりますと、
2009年末現在、世界の40の証券取引所に
1939本のETFが上場し、ETFのスポンサー(運用会社)は
109社を数えています。

2008年末と比べて、
世界のETF純資産額は45.2%も増加しました。
金融危機の荒波にもまれ、より多くの投資家が
低コストで透明性の高い金融ツールに
関心を寄せ始めた証拠でしょう。

リリースには、
運用会社別の資産残高ランキングも記されています。
(2009年末 現在)

             ETF本数 資産残高シェア
1.i シェアーズ     413本   47.4%
2.ステートストリート 107本   15.6%
3.バンガード      47本    8.9%
4.リクソー       125本    4.5%
5.ドイツ銀行     121本    3.6%

(ドイツ銀行の db x-trackers の躍進ぶりが目立ちますね)

さて、
たしかに純資産残高1兆ドル突破は喜ばしいことですが、

ETFの前には、
既存の投資信託(非上場ファンド)という山脈が
立ちはだかっています。

国際投資信託協会が昨年の10月30日に発表した
世界の投資信託残高(2009年第2四半期 現在)は、
20.3兆ドルです。

既存の投資信託(非上場ファンド)は、
ETFの20倍の純資産残高を擁しているのです。

この差は簡単に埋まるものではありませんが、
それでも長期的に見れば、
既存の投資信託のシェアは逓減していくでしょう。

すでに多くの投資信託運用会社が生き残りをかけて、
ETFビジネスへの参入を検討しているといいます。
時代は確実に変わりつつあるのです。

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。   
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
1月24日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
2月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
3月6日【マネ缶スクール ファンド特化コース in 東京
3月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 大阪



関連記事

| ETFのお勉強 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/869-c044492a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT