FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ベビーブーマーの子どもが、株式市場の救世主に?


こんにちは、カン・チュンド です。

(先日の続きですが・・)
ベビーブーマーが
リタイアすると明らかに困るのは、

鉄道業界、スーツ業界、ネクタイ業界、
会社の近くの一杯飲み屋業界 などでしょうか・・。

今まで必死に働いて貯蓄
⇒ 投資する一辺倒だった方々が、
定年退職すると、
保有する株式の一部を売却し始めます。

すると、
「株式市場の 需給 が大きく崩れてしまうのでは!?」
と心配する輩、または
心配を助長する輩 が出てきますが、

まあ、いかにも大げさですね(笑)

アメリカでは その家ごとに
クッキーの焼き方があると云います。

それと同様、その家ごとに
「資産の持ち方」もあるのでしょう。

しかし(なんといっても)
いちばんポピュラーな資産といえば、
投資信託 です。

アメリカの2世帯に1世帯は
投資信託 を保有しているという前提で、
ベビーブーマーの リタイア状況 を追ってみましょう。

いちばん年をとったブーマー(1947年生)が
2007年に 60歳 で引退を始めるとします。

一方で、
いちばん若いブーマー(1964年生)が
60歳 でリタイアするのは 2024年 です。
( → けっこうな 時間スパン があるのです・・)

ただし 日本の場合、
上記 は当てはまりません。

(日本の場合は 団塊世代の引退は
 2007年~2010年 に集中します)

といっても、投資信託 を保有する人は
極めて少数ですから、
別に騒ぐことはないのですが・・。

「いちば」というのは 不思議なところです。
「いちば」から 退場 する人もいれば、
その後から 「いちば」に入ってくる人たちもいます。

ベビーブーマーが「いちば」から引き上げたとしても、
その子どもたち、
そうです、ベビーブーマー・ジュニア が
「いい年」になっているのです(笑)


アメリカでは ジェネレーション X、
ジェネレーション Y と呼ばれる世代 です。

1965年から1999年 に生まれた人たちを総称し、
約1400万人 に上ります。

ちょっと 未来 を覗いてみましょう。
いちばん年をとったブーマーが
2007年にリタイアする時、

1965年に生まれた
ジェネレーション X は 42歳 になります。
(まさにバリバリの働き盛り、投資盛り、)

そして、1999年に生まれた
ジェネレーション Y は、

いちばん若いブーマーが引退する
2024年には 25歳 になります。
(十分 投資 をスタートできる年ですね・・)

つまり、

■「いちば」から 退場 する人たちの後ろで、
 新たに「いちば」に入る人たちが
 両手を組んで待っているのです。
(これを世の中では 世代交代 と云います・・)

「いちば」というところは、
世代交代 という【新陳代謝】を繰り返しながら、

自身は貪欲に 変化をし続ける、
ひとつの、【生き物】なのですね・・。
(だから、インデックス運用 はおもしろい・・笑)

最後に、
○○になると、株式市場が △△になる。
2008年には □□だから、株式市場は○○になる。

という類の「予想」を、
人は(天気の予想と同じくらい)したがるものです。
(もちろん、当たらないことの方が多いのですが・・笑)



関連記事

| 世界をメンタルに放浪すると・・ | 07:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/88-7e2c4971

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT