FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFは投資信託のマーケットシェアを奪いにいくのか


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

いちばん最初に陸に上ろうとした魚は、
ほかの魚から「変人」扱いされたはずです。
(いや、違う。変魚扱いか...)

「あいつ、頭がおかしいんじゃないか。」

一匹の魚の奇行から始まって、
たくさんの魚が
エラだけでなく肺でも呼吸ができるようになるまで、
それこそ何千世代、何万世代もかかっています。

気が遠くなるような時間経過ののち、
ようやく海と陸で両生できる種が増えてくると、
陸に向かう魚が一挙に増えたのだそう。

(翻って現代ニッポン。)
みずほ投信投資顧問が2月15日に
「国内金先物価格との連動を目指すETF」を上場させます。

新たにETFビジネスに参入する運用会社が増えているのは、
「今のうちにETFビジネスに参入しておかないと、
将来まずいことになるだろう..」
という空気を察知しているからでしょう。

日本では、
この種の空気はまだ出来始めたばかりですが、
海の向こう米国では、ETFが本格的に
投資信託のフィールドを侵食しようとしています。

先日、iシェアーズのサイトで
驚くべきものを発見しました。

トップページの真ん中いちばん上で、

「Find iShares ETFs That Closely Correlate To
Certain Mutual Funds」と謳っているのです。

(あなたが保有する)投資信託と同じ投資対象である
iシェアーズのETFを探しましょう。

試しにフィデリティが運用する投資信託、
Fidelity Focused Stock Fund
(銘柄コード FTQGX)を入力してみると・・。

フィデリティの投資信託が投資対象とする
マーケットの指数がいくつか表示され、
それら指数と、
Fidelity Focused Stock Fund の「相関係数」まで
現れてくるではないですか。

Index Correlation to FTQGX* Related iShares Fund
Russell 3000 Growth Index 0.95        IWZ
Russell 1000 Growth Index 0.95        IWF
Morningstar Large Growth Index 0.95     JKE
S&P 500/Citigroup Growth Index 0.95    IVW
Russell Top 200 Growth Index 0.94      IWY

そしてちゃっかり、(たとえば)
Russell 3000 Growth 指数と同じ値動きになるETFなら、

銘柄コードIWZ、
Russell 3000 Growth インデックスファンド
というETFがありますよ、と営業までしているのです。

このツールはまさに、
既存の投資信託から自社のETFに乗り換えさせようとする
仕掛けそのものです。

運用会社の役割は投資信託を作ることです。
そして、
ETFとは投資信託の一形態ですから、

世の中の大きな流れが、
既存の投資信託 → ETFへシフトするなら、

自分たちもこの流れに乗り遅れないよう
ETFビジネスに参入しようとするのは
ごく自然な流れなのでしょう。

■ 関連記事
米フィデリティ、ETF25本の取引手数料無料化
(梅屋敷商店街のランダム・ウォーカーさんの記事です)

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
3月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 大阪
3月28日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| ETFのお勉強 | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/883-c517756a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT