PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

カーペンターズの歌と資産運用


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

今年は新しいことにチャレンジし、
お客様に「ほおっ」としていただけるような
サービス展開を目指しています。

(その一環として)4月21日(水)より
女性の方のみを対象とした
「ビギナー限定! マネーセミナー」を始めます。
(同じ内容のものを計6回開催させていただく予定です)

今回の講座は業界ではめずらしい?
女性講師 & 男性講師の「ジョイントセミナー」となります。
(お楽しみに..)

当ブログでも繰り返しお話していますが、
運用業界の最大の問題は、
膨大な潜在ニーズ層に対して
適切なアプローチが出来ていないことです。

つまり、
「サトウさん。資産運用って
あなたのような方のために存在するんですよー」
という声が、きちんと伝わっていないのです。
(反省..)

特に、多くの女性の方には、
「資産運用」という行為が
間違ったイメージで伝わってしまっていると思います。

端的に言いますと、
「運用」を 一大事 と捉える女性の方が多いのです。

(それ、間違いです。)
資産運用は 一大事 ではありません。

一大事とは、
2ヶ月後に締切りが迫ったプレゼンの貫徹であり、
お子様の健康であり、
そして、あなた自身の充実感そのものです。

あなたの人生にとって大切なこと、
もっと具体的に言いますと、
優先順位が高いことは、

あなた自身、ご家族、お仕事 であり、
資産運用なんて、
優先順位でいうと低いものなのです。

ただ、優先順位は低いのですが、
資産運用との「つき合い方」は、
人生のほかの事象と少し違っています。

そうですね、たとえるなら、
中学校のときにはじめて聴いた
カーペンターズの歌のようなものです。

あなたは最近では、
年に数回しかカーペンターズを聴いていません。

この間、友達と入った渋谷のカフェで
偶然カーペンターズが流れているのを聴き、

「やだ、ワタシって
カーペンターズを聴き始めてもう20年以上になるんだ」
と改めて気付いたあなた..。

(このような雰囲気と)
資産運用はまったく同じなのです。

◆ 普段の優先順位は低く、
それを行っていることさえ「忘れて」いるが、
気がついてみると、
本当に長く続けている行為が資産運用なのです..。

2ヶ月後に締切りが迫ったプレゼンの実施は、
向こう2ヶ月のこと。

今、4歳のお子さんがおられるなら、
お子さんにとってもっとも大切な学業期間は
小学校時代であるはずです。
(向こう8年程度を見据えています)

あるいは、
直近でご家族にとって大切なこと、
ご自身にとって大切なことは、
概ね向こう6ヶ月程度に
集中しているのではないでしょうか。

(私たちの日常生活の95%は、
今週、来月の繰り返しなのです..)

しかし、
資産運用という行為は、
この「日常生活の95%」には当てはまりません。

カーペンターズの歌のように、
たまに思い出す程度の、
しかし深層でたしかに息づいている事柄なのです。

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
3月7日【マネ缶スクール アドバンスコース in 大阪
3月28日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 10:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/898-2b21b8d7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT