FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

反逆のライフプランニング


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

本好きのわたしとしては時々、
「嗚呼、死ぬまでにどれくらいの本が読めるのだろう。
あれも読みたい、これも読みたい。
嗚呼、とても読みきれないや..」という思いに襲われます。

(まあ、読みきれないなんて、当たり前なのですが..)

人生は有限であるにもかかわらず、
私たちが行えることは無限にあります。

年を重ねるとは結局、
「自分にできることと、できないことを
品定めしていくこと」ではないかと思います。

要らないモノを途上で捨て、
自分に必要なものをピックアップしていく…
それが人生の方向性を決めるということです。

わたし自身は、
人生のイベント(=人生の出費)に優先順位を付ける、
という言い方をしています。

あなたのお父様、お母様が歩んだ時代と、
あなた自身が歩んでいく時代の「決定的な違い」は、
国があなたの人生に対してどこまで関与するか
という点です。

(国が、という部分は 会社が、に置き換えても構いません)

私たちの両親の時代は一所懸命働くことで、
国(会社)が
人生の「レール」をある程度敷いてくれました。

国 と ヒト、会社 と ヒト、
相互の役務関係が明確だったのです。

ヒトにとって重要なことは、
会社(国)という雇い主に対して忠誠を尽くすこと。
(そして、忠誠を尽くすメリットが十分にありました)

しかし、あなたが歩んでいく21世紀は、
【人生の中で、国や会社が関与する部分が小さくなる時代】です。

これ自体がよいことなのか、
悪いことなのかは定かではありません。

また、上記を「チャンス」と捉える人もいれば、
「ピンチ」と捉える人もいるでしょう。

上記をポジティブに捉えれば、
「自分らしい生き方」を演出できる時代といえます。
(ネガティブに言えば)
自己責任の時代、となるのでしょうか。

(使い古された言葉である)
ライフプランニングとは、

ファイナンシャルプランナーの
教科書に載っているような、
「結婚」→「子どもができる」→「マイホーム」的な、
レールを敷いてもらっている「道のり」を指すのではありません。

(はっきり申し上げて)
私たちの前に【道はないのです】。

・自分に必要なものをピックアップして、
・自分に必要でないものは途上で捨てていく。

そして、歩むべき道筋は
【自分で決めていく】のです。

ファイナンシャルプランナーの教科書に向かって、
「いいえ、ワタシのやり方はこうですから!」
と宣言し、

きちんと【モノ申す】ことがすなわち、
自立した個人を形成していくことにつながると考えます。

わたしは自分の仕事柄、
資産運用に関心を持っている
たくさんの方とお会いする機会があります。

彼ら/彼女らの表情を見ていると、
自分が歩むべき道筋を【自分で切り開こうとする】
気概が感じられます。
(大げさではなく、その姿は美しいです)

「人生は有限です。
そうであるなら、
ワタシはワタシのお金について真剣に考えたい。
ワタシのお金の可能性を、
できるだけ引き出してあげようと思います」

彼ら/彼女らは、
わたしにそう訴えかけています。

わたしは時々、思うのです。

◆ 資産運用を行うとは、
個々人が自立した人生を歩んでいく
【ひとつの表現手段】ではないかと。

自分の人生を切り開いていく気概がある方にこそ、
資産運用と出会っていただきたいと思います。

ー大切なのは、自分のしたいことを、
 自分で知っているってことだよ。-
        スナフキン

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
3月28日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
4月21日より【初心者限定! シブヤでマネーな女になる講座



関連記事

| 人生をプランニングする | 11:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

三嶺を愛する者 さん

おっしゃる意味、よく分かります。
テレビを観なくなると、自然と本を読んだり、
音楽を聴いたりすることに気持ちが向かいます。
1日が26時間くらいになったような、
ちょっと得した気分になりますね。

| カン・チュンド | 2010/03/16 07:50 | URL |

幼年時代、テレビから流れてくる画面に夢中になりました。
「ウルトラセブン」「はくしょん大魔王」「ムーミン」「仮面ライダー」など、怪獣や怪人の戦いや、漫画のおもしろさ以上に心に訴えてく何かが昔のテレビにはありました。
しかし、現在のテレビは画面はハイビジョンによって鮮明になり、またCGも使用されて非常に美しくなっていますが、空虚で感動がなくなりました。
あるきっかけで、1週間前にテレビを撤去しました。
初めは、テレビなしの生活など考えられませんでしたが、案外大丈夫みたいです。
逆に、時間が空くようになり、以前からしたいと思っていた読書に費やすようになりました。
何年続くかわかりませんが、できるだけたくさんの本を読みたいと思っています。

| 三嶺を愛する者 | 2010/03/15 18:35 | URL |

うさみみ さん

そうですね。
「他者と違っていいんですよ」という空気が、
少しずつですが、漂い始めていると思います。

投資って、
自分らしさを表現するひとつの手段ではないかと
最近とみに思うのです。。

| カン・チュンド | 2010/03/13 18:26 | URL |

こんにちは

>・自分に必要なものをピックアップして、
>・自分に必要でないものは途上で捨てていく。
>そして、歩むべき道筋は【自分で決めていく】のです。

すごくいい言葉ですね(*^_^*)
自分で決める事は他とは違うという意味では不安がゼロではないですが、自分で決めるからこそ他とは違ってあたりまなんですよね。

| うさみみ | 2010/03/13 13:34 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/910-07a63eea

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT