FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一勝九敗(新潮文庫)柳井 正


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

ユニクロ社長の柳井さんの本は何冊も出ていますが、
わたしはこの「一勝九敗」がいちばん好きです。

一勝九敗 (新潮文庫) 柳井 正 (著)
(タイトルがよい。文庫本で安い。そしてもちろん内容がよい)

この本は、地場の中小企業が
全国区の超優良会社になるまでの
「サクセスストーリー」を描いた本、・・ではなく、

ひたすら新たな「常識」を構築するために
可能性を信じて上へ上へと目指してきた、
一企業の記録の断面です。

この本を読むと、
著者が薄利多売の小売業というものを
ハイテク企業並みの高収益業種にしたいという思いが、
ひしひしと伝わってきます。

これまでの「常識」を覆すために
あらゆる「失敗」を繰り返しながら、

あるべき「方程式」を見つけ、
それを積み上げてきた、
まさに挑戦者の物語であるとわたしは思います。

挑戦者であるからこそ、
胸を張って【一勝九敗】と言えるのでしょう。

特に印象に残った箇所)

・フラットな組織である
(社員・リーダー・部長の3段階のみ)
・店長が会社の主役である
(店舗がメインで、それを影で支えるために本部がある)

店長は、本部で働くまでの腰掛けではなく、
店長こそが「最終目標とする役職」であるべき。

・全員経営
(独立するか、その道のプロになりたい人以外はいらない)

・会社の理念に共感していただき、お客様になっていただく
(「世の中を変えていく」という気概が、
ユニクロの原動力なのだと思います)

・本質が伝わる広告戦略
(テレビCMについて著者が語った、
「視聴者の知性を信頼する」という言葉が印象的..)

・スピード重視、実行する、そして早く失敗する
(安住をよしとせず、常に挑戦者であり続けるという、
ユニクロのDNAが感じられます。
「早く失敗する」ってよい言葉ですね..)

最近、どうもマンネリ気味という方。
お仕事に対してもう一度パッションを取り戻したい方。
とにかく元気になりたいという方にお勧めの本です。



*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
3月28日【マネ缶スクール スタンダードコース in 東京
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース in 東京
4月21日より【初心者限定! シブヤでマネーな女になる講座



関連記事

| 書評・映画・美術評 | 06:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/915-b5f23681

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT