FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハーゲンダッツの不思議(頭のタイソー Vol.9)


こんにちは。カン・チュンド です。

わたしは元来冷たいものが苦手なので、
この先もハーゲンダッツのアイスクリームは
食べることがないと思いますが、

それでも、わたしはこの会社に興味があります。
ハーゲンダッツって、ちょっと変わっていますよね。

いや、有名な会社だとは思います、
アイスクリーム業界の中では。

しかし、ハーゲンダッツって
どこか「控えめ」なのです。

人々の話題に常に上り、
流行の最先端を走るということをしません。
(逆にそれを「避けている」ように思えます)

できるだけピークを迎えず、
メジャーな存在になりすぎず、
しかし(いつも)同じ【立ち位置】をキープする。

この会社が秀逸なのは
そのような「ブランド戦略」なのだと思います。
(どこか、ハーレーダビッドソンに似ています)

わたしは以前から不思議に思っているのですが、
ハーゲンダッツのアイスクリームって、
「購入機会」は豊富にありますね。

まず、コンビニで売っていますし、
スーパーマーケットでも売っています。
(百貨店の食品コーナーにもありますね)

たとえばスーパーマーケットに
ハーゲンダッツは置いてありますが、
「安売り」をしているのをわたしは見たことがありません。
(皆さんは見たことありますか?)

「購入機会」は豊富にあるのに、
価格は(そのブランド戦略ゆえに)しっかり固定されている。

ここ、重要だと思います。

ハーゲンダッツの値段は「変わらない」
という印象を醸し出すために、
この商品は、あるいはこの会社は、
想像を絶する努力をしてきたのではないでしょうか。

このブランド作りの「担保」となっているのが、
ハーゲンダッツの素材、品質へのこだわりなのでしょう。

素人考えですが、
高級アイスクリームという「立ち位置」では、
ハーゲンダッツを凌ぐ商品を開発するのは
今のところ難しいのではないでしょうか。

(すみません、
アイスクリームを食べない人間が偉そうなことを言って..)
ハーゲンダッツ・ブランドヒストリー

※ ハーゲンダッツ ジャパンの株主構成を見ると、
(Häagen-Dazs Nederland N.V.の50%に次いで)
 サントリーが40%を保有していますね。



関連記事

| 頭のタイソー | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/921-cff0eb49

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT