FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ETFがブレイクスルーするために必要なもの(右派と左派の攻防・・)


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

世の中には2000本以上のETFが存在します。
しかし、日本で購入できるのは
海外ETF、国内ETF合わせて200本足らずです。

そもそも海外ETFを扱っている証券会社が限られるため、
ETFに対する「間口」はまだまだ狭いと言わざるを得ません。

そのうち日本でもショートETFや、
レバレッジ型(ブル・ベア型)ETFが登場するでしょう。

(残念ながら通貨ETFは先日上場廃止になりましたが)
次の次を睨めば、
新たな通貨ETFが登場してきてもおかしくありません。
(豪ドルETFとか。)

何しろ米国では、
通貨ブル・ベア型のETFまで設定されているくらいですから。

ETFのマニアック化は欧米のマーケットで顕著です。
Qbasis という運用会社は
ドイツとオーストリアで4月より、
マネージド・フューチャーズを駆使したETFを上場させるそうです。

マネージド・フューチャーズの
フューチャーズとは文字通り「先物」を意味します。

株式、債券、為替、商品、
株価指数、金利などの先物、オプションなど
派生商品を売買する投資手法をいいます。
いわゆるヘッジ型ファンドの運用手法のひとつです。

つまり、ETFはヘッジ型ファンドも
取り込み始めているのですね。

「カンさん!
なにマニアックなことばっかり言ってるの。
ETFは長期保有のツールでしょ。
ETFを用いてちゃんとポートフォリオを組むのが大事なんでしょ」

はい、そうです。
おっしゃる通りです。
(わたしの考えにいささかの揺らぎもありません)

しかし、短期売買とか、思惑買いとか、
マニアックな熱狂買いがないと、
ETFの発展、ブレイクスルーはないというのも事実なのです..。
??

米国のCNBCなどを見ていると、
ETFは完全に「個別銘柄化」しています。

今ホットなETFはどれか?
これから伸びるETFの銘柄は?

チャートを眺めながらコメンテーター達が
かんかんがくがく議論をしています。

米国では(個別株と同じように)
ETFが短期売買のツールとしてすっかり定着しているのです。
(このようにETFを利用する人たちを仮に「右派」と呼びましょう)

◆ 右派の方々の貢献は、
ETFの売買高を押し上げてくれている点です。
(ここ、重要です)

通常の投資信託であれば、
上記のような方は(正直言って)願い下げなのですが、

ETFは投資信託であると同時に、
マーケットに上場する「ひとつの銘柄」ですから、
売り買いが盛んに行われることは【重要】なのです。

◆ 「右派」の方がたくさん居るからこそ、
ETFを長期保有し、
ETFを用いてポートフォリオを組成する「左派」が
存続していけるのです。

「右派」の方がETFに対して興味を持ち、
売買を行ってくれなければ、
日本でのETFの発展はありません。

(なんとも矛盾めいたことをお話していますが、
上記は「事実」だと思います)

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
4月11日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京
4月12日【今後10年を見据えた中国への最適な投資法 東京
4月21日より【初心者限定! シブヤでマネーな女になる講座



関連記事

| ETFのお勉強 | 09:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/922-adeceb8d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT