FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

積立て投資のヒミツ


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

「お金を儲けたい」という気持ちは
誰しも持っています。

しかし同時に、
お金を管理するプロセスをシンプルにしたい、
という気持ちもあるのではないでしょうか。

例えば、川崎市に住む田中さんは、
Aファンド に100万円投資しました。

そして 2年5ヵ月後に、
Aファンドを20万円分だけ売却しました。

その後、毎月3万円ずつAファンドを買っていく
「積立て投資」を6年間実践しました。

◆ さて、田中さんのご資産は
  今、いくらでしょうか・・?

はい、慌てない、慌てない。


大事なことは、
田中さんが、
Aファンドを現在
【何口分持っているか】です。

これが「保有口数」ですね。

そして、もうひとつ重要な情報は、
Aファンドの現在の値段「基準価額」です。

投資信託の価値、
価格についてよく質問を受けますが、
考え方はとてもシンプルで、

あなたの「保有口数」と、
投資信託の「値段」、
このふたつが分かっていればよいのです。


◆ 口数 × 基準価額 = 
田中さんが保有する
ファンドの【時価】となり、

田中さんの資産管理は
とても・簡単にできます。

(※ 実際は保有口数を
1万で割る必要があります・・)


上記が示唆することは「重要」です。

◆ 口数 × 基準価額 =【時価】
なのですから、

私たちが投資信託を用いた
運用を行ううえで、

◆ 収益の【源泉】はふたつある、
ということなのです。


1.口数が増えること。
2.価格が上昇すること。 です。

(シンプルでしょ?)


もちろん、両方「実現」すれば、
たくさん儲かりますが、

(大切なことは)どちらか一方でも
立派に利益が出る、ということです。

どういうことか??

投資信託を用いた運用では、

1.(価格が変わっていなければ)
【口数】が増えることでちゃんと利益が出ます。

2.(口数が変わっていなければ)
【価格】が上昇することでちゃんと利益が出ます。

特に私たちが実感しにくいのは
1.のほうですね。

投資信託の価格がたとえ上昇しなくても、
長期の継続購入で
【口数】を稼ぐことができれば、
立派に「利益」が出るのです。

長期の継続購入で【口数】を稼ぐとは?

下落局面でも変わらず
投資信託を買い続ける、ということ。

ここに、毎月「定額」で購入を続ける、
「積立て投資」のヒミツが隠されています。

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
5月22日【フラットな世界と出会う ETFスタンダード講座 東京
6月5日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
6月13日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| つみたて投資 | 09:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/947-a1cd22de

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT