FC2ブログ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ニワトリとタマゴの本質的な攻防


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしは時々、思うのです。
株式に「配当」がなかったら、
物事はもっとシンプルになっていたのに、と。

株式は本来的に、
値上がり益を求めて保有する資産です。
(投資した「元本」が増えることを期待しています)

投資した元本を【ニワトリ】にたとえると、
◆ ニワトリが大きくなることを夢見て行うのが「株式投資」です。

(これだけなら、ニワトリが大きくなるか、
縮んでしまうかだけの話ですが、)

そこに「配当」という【タマゴ】が絡んでくるので、
話がややこしくなってしまう..。

「不景気のときはやっぱり製薬株だよ。
だって配当がいいもの。」
「いやいや、安定配当でいえば、なんといっても電力株だよ」

このような話になると、
【ニワトリ】はどこかに行ってしまい、
【タマゴ】の話に終始することになります。

たとえば、ABC製薬の株を100万円分買って、
そのとき、配当利回りが4%あったとしましょう。
「すごい! 4%も入ってくるんだ。」

いやいや、違いますよ。
別に4%の利回りが確定しているわけではありません。

4%の利回りとは、
100万円である資産を購入して、
4%分の収入が入ってきて、

その資産を【100万円で売ることが出来たとき】にはじめて、
4%の利回りが確定するのです。
(ここでは税金は考慮していませんが..)

「すごい! 4%も入ってくるんだ。」
というセリフは魅惑のことばです。
そこかしこで聞かれます。

その資産に【元本保証】がないのに、
「タマゴ」の大きさのみに注目して、
みんな「タマゴ」をいろいろな方向から
しげしげと眺めているのです。

(もちろん、「ニワトリ」が縮むかもしれないという
リスクにはフタをして・・

「すごい! 4%も入ってくるんだ。」
と驚いてよいのは、

100万円で買ったモノが、
100万円で還ってくる保証がある資産に限られます。
たとえば、円建ての国債とかです。

「カンさん。なに言ってるの。
今の超低金利で、
国債で4%も利息が付くわけないじゃない。」

はい、そうです。
10年物の国債でせいぜい1.2%くらいでしょうか。
これがあるべき【タマゴの大きさ】なのです。

現実、です。。

カンさん。
REITなら、もっと高い利回りで回るよ。
○△不動産投資法人なんて、配当利回り8%だよ!

はい、それは、
10年物の国債と比べて、
元本、すなわち【ニワトリ】の不確実性が大きいから
8%もの「表面利回り」が付くのでしょう。

◆ 8%の配当利回りは、
【ニワトリ】の不確実性の大きさ
= リスクの大きさの表れ です。
  ~~~~~~~~~

(念のため、)
配当利回りで6%くらいもらいながら、
ニワトリの大きさも減らないで大きくなるよね。

という類の金融商品は、
(わたしが知る限り)存在しません。

もしあったとしたら、
その商品は必ずどこかに、
【ニワトリ】が縮んでしまうリスクを内包しています。

換言すれば、
【ニワトリ】が縮んでしまうリスクを背負ってはじめて
6%程度の表面利回りが付くのです。
ねえ、グロソブさん。

(ところで)わたしという個人投資家は、
いっさいの【タマゴ】を欲していません。

理由はかんたんです。
◆【タマゴ】をもらうと、
 【ニワトリ】が大きくなりにくいからです。

資産を形成するとは、
リスクを取って
【ニワトリ】を大きくすることなのです..。

追記)

わたしが不動産投資をお勧めしないのは、
不動産とは、借金をして大きな【ニワトリ】を取得し、
そこから延々と【タマゴ】をもらう資産であるからです。

*********************
933n マネーを学べば、世の中の見方が変わります。
────────────────────
            晋陽FPオフィス
*********************
5月22日【フラットな世界と出会う ETFスタンダード講座 東京
6月5日【マネ缶スクール スタンダードコース 東京
6月13日【マネ缶スクール アドバンスコース 東京



関連記事

| 投資の発想法 | 18:51 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

U さん

> 一方で株式の歴史的な誕生経緯から考えると、配当の存在こそが「ニワトリ」であり

はい、たしかにおっしゃる通り、
原始「株式」ではそうだったと思います。
株式会社の創設時は配当こそが「唯一の収益」だったのでしょう。

| カン・チュンド | 2010/04/29 17:28 | URL |

はじめまして。
投資として考えたときに、おっしゃることはよく分かります。ゆえに私も無分配のインデックスファンドを愛好しています。
一方で株式の歴史的な誕生経緯から考えると、配当の存在こそが「ニワトリ」であり、転売してキャピタルゲインを得ることの方が「タマゴ」なのではないでしょうか?なので「本来的に株式は値上がり益を期待するもの~」と言い切ってしまっていいものかな、と。

| U | 2010/04/29 16:14 | URL | ≫ EDIT

やまけん さん

わたしは不動産は「上がり」の資産だと思うのです。


| カン・チュンド | 2010/04/28 18:33 | URL |

とても勉強になりました。毎月分配型のファンドは避けようというお話で結論づくのかなと思いながら拝見していましたが、不動産のお話で締められていらっしゃるとは。確かに、不動産ニワトリは年々齢を重ねると弱っていきますしね^^

| やまけん | 2010/04/27 21:43 | URL |














TRACKBACK URL

http://tohshi.blog61.fc2.com/tb.php/954-e1b42e7f

TRACKBACK

キャピタルゲインとインカムゲインはどちらが基本?

株式投資をしていて利益を獲る場合、株価上昇による値上がり益(キャピタルゲイン)と株式を保有していると一定時期(決算)後に当期利益の...

| カウンターゲーム | 2010/04/30 06:22 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT